オカダ・カズチカ「棚橋さんは反面教師」【新日本プロレス・2018年2月】

新日本プロレスのオカダ・カズチカ選手のIWGPヘビー級王座戦に向けたインタビューをご紹介。

スポンサーリンク

2018年2月10日・大阪大会、オカダ・カズチカ選手はIWGPヘビー級王座の10度目の防衛戦でSANADA選手と対戦。

関連:新日本プロレス・2018.2.10・ニュービギニング・大阪大会の全対戦カード決定!

SANADA選手とのタイトルマッチを前に、6年前のレインメーカーショックを振り返りながら、現在の心境を明かしました。

それでもオカダは物足りなさを訴える。「世界一のユニットとか、目指すべきはそれじゃないでしょう。これを取れば世界一のレスラーなんだから」と、個人の欲望をもっと全面的に出すべきとバッサリ。さらには「一番は『何年期待されてるんですか』と。全日本でもW―1でもTNAでも。同年齢だし実力は認めてますよ。でも『いつまでも期待されたままか』と言いたいですね」と、挑戦者の“覚醒”を呼び掛けた。
ここまでSANADAに辛辣な言葉を浴びせるのも余裕の証明だ。しかしその半面、慢心だけは禁物と肝に銘じている。ちょうど6年前の2012年2月大阪大会で、オカダは当時11度連続防衛中だった棚橋から大金星を挙げ、IWGP初戴冠を果たした。絶対王者という真逆の立場で迎えるV10戦に「まああれは実力ですけど。ただ棚橋さんはナメていたと思いますし。そこは反面教師にしないとですね。当時の僕なんて、周りは誰も勝つと思ってなかったですから。僕としてはああいうことが起きないようにしないといけない。まだまだやらなきゃいけないこともありますし」と警戒心を強めた。(引用:東スポweb

当時TNAから凱旋帰国&即IWGPヘビー級王座挑戦というオカダ・カズチカ選手に対して、確かに当時の棚橋弘至選手はIWGPへの道は厳しいんだよ、王者への道は遠いんだよっていうのをわからせるのが今回の大阪での俺の役目と、ナメてはいなかったかもしれないが、あくまでも胸を貸すという立場でタイトルマッチに臨んでいた。

2012年には棚橋弘至選手から棚橋と闘うということは世界一と闘うということ。その意味をしっかりと胸に秘めて、大阪のリングに上がってほしいと言われていたオカダ・カズチカ選手が、6年後の2018年にはこれ(IWGPヘビー級王座)を取れば世界一のレスラーと語る立場になっているのも、なかなか感慨深いものがありますね。

ああいうことが起きないようにしないといけないと油断も慢心もないオカダ・カズチカ選手、V10を達成して棚橋弘至選手の最多連続防衛記録にリーチをかけられるか。

それともSANADA選手が6年前のように大阪で新たな歴史を作るのか。

SANADA選手の最後の主張が新日本プロレスワールドで無料公開中!

明日10日・大阪大会を迎える前に是非ご覧ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA