新日本プロレス・アメリカ道場について【新日本プロレス・2018年1月】

新日本プロレス・木谷高明オーナーが2018年から始動するアメリカ道場について言及。

スポンサーリンク

今週の週刊プロレス No.1940「今週のクローズアップ」は、新日本プロレスの木谷高明オーナー!

昨年から宣言していたアメリカ進出に関して、木谷高明オーナーの口から今まで以上に具体的なプランが明かされました。

関連:新日本プロレスによるアメリカ進出の今後の予定【新日本プロレス・2017年7月】

現在はアメリカに道場を建設中。
(中略)
新日本が2年連続でアメリカ大会を実現させる3月下旬には完成のメドも立っている。
道場はほぼ完成していて春くらいには公開できると思います。基本的な道場機能は日本と変わらないですから、向こうで選手を発掘して育てる。そしてアメリカ単体の道場として収益を上げていくものです」(引用:週刊プロレス No.1940)

2018年3月25日・カリフォルニア州ロサンゼルス・ロングビーチ大会の頃に公開されるとのこと。

アメリカ道場の場所は、昨年末にロッキー・ロメロ選手らが東京ドーム大会のプレビューの動画を撮影した場所になりそうですね。

また新日本プロレス所属選手のアメリカ中期滞在など、選手との契約に関する話題にも触れているので、気になる方は是非ご購読ください。

かつてのLA道場からプリンス・デヴィット選手やカール・アンダーソン選手が誕生したように、新しいアメリカ道場から次世代のスター誕生を期待しています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA