”Y”WGP王者・矢野通!【2011.10.16】

【新日本プロレス・振り返りNo.108】

今回は2011年10月16日の矢野通選手!

スポンサーリンク

6人タッグマッチ

〇 棚橋弘至
ハイフライフロー
vs中邑真輔
後藤洋央紀矢野通
本間朋晃× 石井智宏

2011年10月16日・山形市総合スポーツセンター大会、メインイベントで本隊とCHAOSが6人タッグマッチで対戦。

チャンピオンの棚橋弘至選手からベルトを盗んだ矢野通選手が、ベルトのIWGP」(インターナショナル・レスリング・グラン・プリ)の文字をYWGP」(ヤノ・レスリング・グラン・プリ)に、HIROSHI TANAHASHIヤノートールーに書き換えて、YWGP王者として登場!

YWGPと書き換えたベルトを棚橋弘至選手に見せつけると、邪道選手に手渡し、ケースに入れて厳重に持ち帰らせてしまう。

試合は地元・山形に凱旋した本間朋晃選手が捕まる展開が続くが、中邑真輔選手のフロントネックロックをブレーンバスターで切り返し、本隊が逆転!

最後は本間朋晃選手のこけしから、棚橋弘至選手のハイフライフローで勝利!

試合後のマイクは本間朋晃選手のガサガサ声と棚橋弘至選手の愛してまーす!でハッピーエンド!

IWGPヘビー級王者・棚橋弘至選手とYWGP王者・矢野通選手の抗争は続く…

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA