内藤哲也がG1クライマックス21決勝進出「俺が今年のG1でそう簡単に負けるわけにはいかないから」【2011.8.14】

【新日本プロレス・振り返りNo.89】

今回は2011年8月14日の内藤哲也選手!

スポンサーリンク

G1 CLIMAX21・Aブロック公式戦


× 棚橋弘至

vs
〇 内藤哲也
ポルボ・デ・
エストレージャ

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

2011年8月14日・両国国技館大会、G1クライマックス21・Aブロック最終公式戦で内藤哲也選手が棚橋弘至選手と対戦!

優勝決定戦進出のためには勝利するしかない状況の内藤哲也選手は、序盤からジャンピングエルボーアタックで攻勢をかけていく。

棚橋弘至選手はその勢いを止めるようにグラウンドドラゴンスクリューを決めるが、是が非でも勝利を掴みたい内藤哲也選手も何度も丸め込んでフォールを狙う。

すると棚橋弘至選手もいつもより早く仕掛けていく。

試合開始から5分も経たないうちにハイフライフローを狙うと、内藤哲也選手が雪崩式フランケンシュタイナーで反撃するが、棚橋弘至選手もそのまま回転して丸め込むがカウント2!

そして攻撃の手を緩めようとしない棚橋弘至選手がスリングブレイドを狙うと、内藤哲也選手は電光石火のポルボ・デ・エストレージャで3カウントを奪い勝利!

2度目のG1 CLIMAX出場にして初の優勝決定戦進出が決定!

内藤「永田が負け、真壁が負け、勝てばね、もう決勝行けるっていう条件が揃ったから、決勝のことも考えて、短期決戦でいったら向こうも乗ってきてくれたからね、それが最大の勝因であり、スリングブレイド対策なんか、何百通りだって持ってるよ。棚橋、俺はいつも棚橋から目を離さないからな。決勝誰かわかんないけど、全ては決勝終わってから話しますよ。お客さんを味方につけた俺は、G1じゃ負けないよ。俺が今年のG1でそう簡単に負けるわけにはいかないから」(引用:新日本プロレス公式サイト

当時の内藤哲也選手は、4か月後の2011年12月にオカダ・カズチカ選手がレインメーカーとして凱旋帰国することを知っていたのだろうか?

仮に知っていたとしたら、今年のG1でそう簡単に負けるわけにはいかないという言葉が途端に重みを増していきますね…

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA