棚橋弘至、V5!「新日本プロレス、ファンもレスラーも、一つになって、進んでいきましょう!」【2011.6.18・V11への道】

【新日本プロレス・振り返りNo.82】

今回は2011年6月18日の棚橋弘至選手!

スポンサーリンク

IWGPヘビー級王座戦

〇[王者]棚橋弘至ハイフライフローvs× 後藤洋央紀

関連:試合動画(新日本プロレスワールド)

2011年6月18日・大阪府立体育会館大会、アメリカでチャーリー・ハース選手の挑戦を退けた棚橋弘至選手の5度目の防衛戦の相手は後藤洋央紀選手!

序盤から後藤洋央紀選手が激しい攻撃を繰り出すと、棚橋弘至選手は左膝に照準を絞って集中攻撃。

それでも後藤洋央紀選手の猛攻は止まらず、棚橋弘至選手が牛殺しを空中でスリングブレイドで切り返すが、後藤洋央紀選手は特攻ラリアットで反撃!

試合中盤、棚橋弘至選手はダルマ式ジャーマンスープレックスホールドを決めるも、首を押さえて自らフォールを解いてしまう。

満身創痍の棚橋弘至選手がグラウンドでの裏ドラゴンスクリューを決めるが、後藤洋央紀選手も後頭部へのスライディングラリアット、PK、雪崩式牛殺し、裏昇天で追い詰める。

最後はドラゴンスープレックス2連発、背後からのスリングブレイド、背中へのハイフライフロー、そして正調ハイフライフローで勝利!

棚橋弘至選手がV5を達成!

試合後、棚橋弘至選手はIWGPタッグ王者のジャイアント・バーナード選手からの挑戦表明を受諾、そしてIWGPタッグ王座挑戦のパートナーに後藤洋央紀選手を指名して握手!

―ホントにキツイ試合だった?
棚橋「……後藤の技には、全部、気持ちが乗ってて。でも、俺はチャンピオンだから!全部受け止めて、ドンドン進んでいくから。ホント、今日は俺にしっかりと後藤洋央紀というものを刻み込んでくれました。……拍手!
(中略)
―この先、どんな時代を築く?
棚橋「なんの心配もせずに、俺に付いてきてください。もし! 俺がちょっと道をそれそうになったら、みんなが道を戻してください。そして!新日本プロレス、ファンもレスラーも、一つになって、進んでいきましょう!」(引用:新日本プロレス公式サイト

当時の棚橋弘至選手を取り巻く物語をより詳しく知りたい方は、是非「2011年の棚橋弘至と中邑真輔」をお読みください。

二人が転機を迎える2011年までにどのような道のりを歩んできたのか、そしてその二人を新日本プロレスの選手たちはどう見ていたのか。

当時を知る方も知らない方も必読です。

関連:新日本プロレス振り返りまとめ(2007.6~)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA