キャプテン・ニュージャパンはそもそもバレットクラブに入れるのか?


新日本プロレス 2016.9.25 DESTRUCTION in KOBE 神戸ワールド記念ホールで、キャプテン・ニュージャパン選手がヨシタツ選手を裏切り、BULLET CLUBに加担した。

しかし、そもそもキャプテン選手はBULLET CLUBに入ることができるのか?

もちろん驚いたし興奮したが、高橋裕二郎選手もチェーズ・オーエンズ選手も場の流れで共闘したようにしか思えない。

それにケニー・オメガ選手などの現メンバーが、BULLET CLUBの新メンバーとして許可するのだろうか。

正直、今のところは追放される未来しか見えない。

次期シリーズまで間が空くので、キャプテン選手にはしっかりと今後のリング上での身の振り方を考えておいてもらいたい。

もう一つ気になるのは、ヨシタツ選手のマイクがまだ途中だったこと。

「しかし、もし自分…」

この続きはなんだったのか。

もし自分とハンタークラブで闘いたければこの試合勝て!という、先輩らしい激励だったのかもしれない。

ヨシタツ選手はまずキャプテン選手からハントする必要がありそうですね。

けどもしこの一連の流れが、BULLET CLUB入りしたキャプテン選手が負けまくって、ユニットをギクシャクさせ内側から壊滅させる作戦だったらすごいけど、まあそれはないでしょう。

キャプテン選手はこれからが正念場。

良くも悪くも注目を集めるのは間違いないので、これからは良い意味でファンの期待を裏切るような闘いを見せてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)