やっぱり後藤洋央紀には頑張って欲しい【G1クライマックス27】

新日本プロレス2017.7.25 G1 CLIMAX 27 福島・郡山大会の後藤洋央紀選手の試合後コメントをご紹介。

スポンサーリンク

本日のAブロック公式戦で棚橋弘至選手と対戦する後藤洋央紀選手は、昨日のバックステージで4年前のG1 CLIMAX23での負傷欠場についてコメント。

“”後藤「次(のリーグ戦の相手は)は棚橋か……何年か前の『G1』、思い出すな。俺のアゴが折れた時の。場所も一緒だ。決していい思い出ではないけど、骨ってのは同じ個所が折れるから。(そういうこともなく)あそこから這い上がった俺のその力を、明日は見せる」””(引用:新日本プロレスリング公式サイト

2013年8月7日の仙台サンプラザホール大会、棚橋弘至選手の張り手で顎を骨折、G1を途中リタイアすることになってしまった。

そして今夜、4年前と同じ大会、同じ会場で、同じ選手と対戦する。

相当気合の入った試合となることでしょう。

また、私がこのコメントを見て思い出したのは、2014年1月4日の後藤洋央紀選手の復帰戦、対戦相手は柴田勝頼選手。

闘った選手同士が「これがプロレスだよな」と語り合えるほど素晴らしい試合を見せてくれました。

ある意味では棚橋選手との試合で怪我をしなければ、この復帰戦も実現しなかった。

柴田選手の事が頭に浮かぶと、良い言葉が見つからないが、やっぱり後藤選手に頑張って欲しい。以上。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA