新日本プロレス、雷神

風神&雷神が想像以上に秀でていた-CMLLアレナメヒコ金曜定期戦-

新日本プロレスワールドで生放送されたCMLLアレナメヒコ金曜定期戦に出場した、風神選手と雷神選手が秀でていたのでご紹介!

第2試合
ブルー・パンテルJr.× フエゴ テ・パンテル
vs
オクムラ 風神 雷神

1本目をオクムラ選手が、2本目をテ・パンテル選手が、3本目を雷神選手が勝利して、日本チームが勝利。

風神選手のランニングダブルニーアタック。

雷神選手のショックアロー。

もう半年前のヤングライオン小松洋平選手と田中翔選手の「こまったな」ではなく、完全に「風神&雷神」になっていました

風神選手のムーブにも、雷神選手の肉体にも、確実に成長の跡が見えた。

きっと風神選手のことだから、入場でバレットクラブの「サックイット」を連発したり、観客に向かってロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの「トランキーロ」と言っていたのも日本を意識してのことでしょう。

しかし見れば見るほど、二人ともヒールとして凱旋帰国するんだろなと思えてくる。

もしくはタイガーマスクWのタイガーマスクとタイガー・ザ・ダークとして帰ってくるのもアリに思えてきた。

順番的にはカマイタチ選手の完全帰国が先になるはずだが、ヤングライオン時代から秀でていた二人がさらに秀でれば、いつ凱旋帰国しても不満はない。

まだ見れていない人は是非新日本プロレスワールドで、秀でている風神選手と雷神選手をチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)