棚橋弘至、49勝39敗2分【G1クライマックス27・Aブロック・過去の対戦成績】

新日本プロレス・ G1 CLIMAX 27の各ブロックで対戦する選手たちのシングルマッチの対戦成績をご紹介!

スポンサーリンク

今回は棚橋弘至選手!

1999年10月10日デビュー、G1 CLIMAX は今年で16回目の出場!

#LA での思い出①。 #セルフタイマー に #UFO らしき物が写り込む((((;゚Д゚)))))))!

棚橋弘至さん(@hiroshi_tanahashi)がシェアした投稿 –

余談ですが、先日のアメリカ大会中にUFOに遭遇(画像の左上に注目!)、未確認飛行物体関連のテレビ出演、楽しみしています!

また棚橋選手は現IWGPインターコンチネンタル王者、Aブロックで唯一新日本プロレスのシングルのタイトルホルダーとしてG1に挑みます!

以下、棚橋選手がAブロックで対戦する選手とのシングルマッチの過去の対戦成績、動画のある試合は右側にリンク。

vs真壁刀義=13勝22敗

・2016年7月23日・G1=敗北(NJPWワールド
・2015年8月11日・G1=勝利NJPWワールド
・2013年8月6日・G1=勝利
・2012年7月1日・IWGPヘビー=勝利NJPWワールド
・2011年8月7日・G1=勝利
・2010年8月15日・G1=勝利
・2009年8月10日・G1=勝利
・2008年12月7日=勝利
・2008年8月11日・G1=敗北(Youtube
・2008年3月23日・NJC=勝利Youtube
・2007年8月12日・G1=勝利NJPWワールド
・2006年5月29日=勝利
・2005年6月2日=勝利
・2004年8月9日・G1=勝利
・2003年4月23日・U-30=勝利
・2003年3月6日・G2 U-30=敗北
・2001年5月2日=敗北
・2001年4月21日=敗北
・2000年8月13日=敗北
・2000年7月30日=敗北
・2000年7月8日=敗北
・2000年7月1日=敗北

・2000年6月8日=敗北
・2000年4月25日=敗北
・2000年4月18日・ヤングライオン杯=敗北
・2000年3月25日=敗北
・2000年3月12日=敗北
・2000年3月10日=敗北
・2000年2月15日=敗北
・1999年12月4日=敗北
・1999年11月29日=敗北
・1999年11月23日=敗北
・1999年11月1日=敗北(NJPWワールド
・1999年10月25日=敗北
・1999年10月10日=敗北(デビュー戦)

vs永田裕志=9勝7敗

・2014年8月6日・G1=勝利
・2012年8月11日・G1=勝利
・2011年12月4日・IWGPヘビー=勝利NJPWワールド
・2011年8月1日・G1=敗北(NJPWワールド
・2011年4月3日・IWGPヘビー=勝利NJPWワールド
・2007年10月8日・IWGPヘビー=勝利NJPWワールド
・2007年8月12日・G1=勝利Youtube
・2007年4月13日・IWGPヘビー=敗北
・2006年7月17日・IWGPヘビー=勝利
・2006年4月29日・NJC=敗北(Youtube
・2006年2月19日=勝利
・2005年4月19日・NJC=勝利
・2004年9月3日=敗北
・2003年10月18日=敗北
・2002年9月7日=敗北
・2002年1月24日=敗北

スポンサーリンク

vs飯伏幸太=1勝0敗

・2015年7月20日・G1=勝利NJPWワールド

vs後藤洋央紀=9勝1敗1分

・2016年7月31日・G1=勝利NJPWワールド
・2013年8月7日・G1=勝利
・2012年4月8日・NJC=敗北(NJPWワールド
・2011年6月18日・IWGPヘビー=勝利NJPWワールド
・2010年12月11日=勝利
・2009年5月3日・IWGPヘビー=勝利NJPWワールド
・2008年3月9日・NJC=勝利
・2007年11月11日・IWGPヘビー=勝利NJPWワールド
・2005年12月25日・U-30=勝利Youtube
・2004年7月10日=勝利
・2004年7月10日=5分間引き分け

vs石井智宏=6勝1敗

・2016年8月3日・G1=勝利NJPWワールド
・2014年7月31日・G1=勝利
・2013年11月9日=勝利NJPWワールド
・2013年8月2日・G1=敗北(NJPWワールド
・2010年1月22日=勝利
・2006年12月5日=勝利
・2006年2月14日=勝利

vsYOSHI-HASHI=1勝0敗

・2013年12月21日=勝利

vsバッドラック・ファレ=3勝3敗

・2016年7月28日・G1=勝利NJPWワールド
・2016年4月27日=勝利NJPWワールド
・2016年3月3日・NJC=敗北(NJPWワールド
・2015年9月27日=勝利NJPWワールド
・2015年7月29日・G1=敗北(NJPWワールド
・2014年7月28日・G1=敗北(NJPWワールド

vsザック・セイバーJr=初対決

vs内藤哲也=7勝5敗1分

・2017年6月11日・IC=勝利NJPWワールド
・2017年1月4日・IC=敗北(NJPWワールド
・2015年10月12日=勝利NJPWワールド
・2015年7月26日・G1=敗北(NJPWワールド
・2013年8月11日・G1=敗北(NJPWワールド
・2012年4月5日・NJC=勝利
・2011年10月10日・IWGPヘビー=勝利NJPWワールド
・2011年8月14日・G1=敗北(NJPWワールド
・2010年12月12日=勝利
・2010年10月11日=勝利
・2010年8月8日・G1=30分時間切れ引き分け
・2010年3月20日・NJC=敗北

・2008年12月22日=勝利

計49勝38敗2分!

圧倒的に勝ち越しているように思えますが、若手時代は真壁刀義選手(真壁伸也)相手に連戦連敗。

100年に1人の逸材にもこんな時期があったんだとしみじみ思います。

引き続き、試合結果、情報に誤りがありましたらご指摘ください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA