棚橋弘至「正しいか正しくないかは結局試合ありきです。勝てば正しいし、負ければただの机上の空論」

新日本プロレス 2017.6.11(日)DOMINION 大阪城ホール大会のIWGPインターコンチネンタル王座戦に向けた棚橋弘至選手のインタビューをご紹介。

スポンサーリンク

以下、週刊プロレス No.1907 の棚橋弘至選手による主張。

耳たぶが原因で休んだ人間がどうこう言うな
ベルト破壊行為もやればやるほど小物感が出てる
内藤の言っていることは弱音にしか聞こえない
内藤ではビジネスできない
内藤にはイデオロギーがない
論点のすり替えがうまい
欠場中に話題を引っ張ってくれたことは感謝

棚橋選手側から内藤選手を分析。

新日本プロレスのエースとして現在の内藤選手をほぼ否定。

イッテンヨンの時と同じ対戦カードでも、まったく違う様相の試合になる予感。

このインタビューを読んだら、棚橋選手がテキサスクローバーホールドで内藤選手からギブアップを奪う姿が目に浮かびました。

ただ内藤選手も黙っているはずがなく、新日本プロレスワールドの生中継で反論。

新日本プロレスワールド会員以外の方も見れるので是非!

高橋ヒロム選手の一挙手一投足に目が行ってしまい、内藤選手の言葉を聞き逃さないようにご注意を。

ただ内藤選手も同意していた棚橋選手の言葉、「正しいか正しくないかは結局試合ありきです。勝てば正しいし、負ければただの机上の空論というか、戯言というか。」、結局はこれですよね。

大阪城ホール大会まであと3日、どんな結果になり、どんな景色に変わっていくのか、楽しみが尽きません!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA