ジュースがUS王座挑戦権利証に挑戦表明、保持者KENTAは拒否「次はジョンモク」【新日本プロレス・2020.12.21・PART2】

新日本プロレス・2020年12月21日・ロードトゥ東京ドーム2020・後楽園ホール大会・初日のバックステージコメントまとめ・PART2!

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.12.21・ロードトゥ東京ドーム2020・後楽園・初日【オープニングVTR】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

ジュース・ロビンソン

ワールドタッグリーグ2020優勝決定戦でKENTA選手のブリーフケース攻撃により敗北を喫したジュース・ロビンソン選手。

昨夜の後楽園ホール大会では間一髪でブリーフケース攻撃を防ぎ切り、バックステージで正式にUSヘビー級王座挑戦権利証への挑戦表明を行いました。

ジュース「本当なら今俺とフィンレーが『WORLD TAG LEAGUE』の優勝トロフィーを持って、東京ドームのタッグ王座戦に備えてるはずだった。親友と一緒に東京ドームの花道を歩く姿を夢見てたけど、それも消えてなくなった。頭の傷ひどいだろ?武道館でKENTAにブリーフケースでやられた時の傷だ。KENTA、おかげで俺は今やる気にみなぎってるぞ!俺のターゲットはお前一人だ。お前は俺の夢をいとも簡単に潰してくれたな。だから今度は俺がお前が大事にしてる物を奪ってやる。新日本、今ここで宣言するぞ。KENTAの権利証に挑戦させてくれ。KENTAに借りを返さないといけない。あいつの宝を奪い取ってやる!

もしジュース・ロビンソン選手が権利証を手に入れれば、優勝決定戦のリベンジを果たすだけではなく、昨年のレッスルキングダム14で敗れた王者ジョン・モクスリー選手へのリベンジのチャンスも手に入れることになる。

ジュース・ロビンソン選手にとっては是が非でも負けられない一戦となります。

KENTA

一方、USヘビー級王座挑戦権利証保持者・KENTA選手はこの挑戦表明を真っ向から拒否。

KENTA「いやカバンは!?俺のカバン!ちょっと、ちょ待てよ。ちょと座れ。座ろうか。いや、カバンは?俺のカバン。いやいや、ロビンソンの気持ちわかるよ?やりたいんでしょいや、いくらロビンソンが言っても、俺ずっと防衛してきたから。あの〜、ジョンモク(ジョン・モクスリー)、何回防衛したか知ってる?(※カメラが首を振ると)2回。俺、何回防衛したか知ってる?4回、おかしいだろこのねじれ現象!なんだこれ!どういうこと、どんだけ?どんだけぇ~……険しい道のりなの。そんで、ロビンソンが、やろうっつてんの?もう俺も次ジョン……ジョンモクって決めてるから。悪いけど。悪いけど本当に……。もうこれ以上、防衛するのもういいでしょ?そろそろ、ねえ……。だから結局、俺が何が言いたいかっていうと……もうシンプルにそろそろ挑戦させてってこと!!

すでに4度の防衛戦を行ったKENTA選手は、次の対戦相手はUS王者ジョン・モクスリー選手と決めてるからこれ以上の防衛戦を行うつもりはないと宣言。

ただ、これまでKENTA選手は再三メッセージを送ってきたが、ジョン・モクスリー選手からの返答は一切ない。

AEW世界王座から陥落したジョン・モクスリー選手はいつ来日するのか、それとも団体の壁を超えてアメリカでタイトルマッチが行われるのか。

ジョン・モクスリー選手とKENTA選手の抗争はまだまだ続いていきそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA