石井智宏が棚橋弘至を挑発「いつまでサポート役に徹してんだ、この野郎」【新日本プロレス・2020.11.30】

新日本プロレス・2020年11月30日・ワールドタッグリーグ2020・七戦目・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ!

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.11.30・ワールドタッグリーグ2020・七戦目・後楽園【オープニングVTR】

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

石井智宏

今大会、ここまで棚橋弘至選手&トーア・ヘナーレ選手は1勝6敗で最下位。

パワーストラグルでUS王座挑戦権利証争奪戦に敗れた棚橋弘至選手とって、今大会は今年最後の挽回のチャンスでしたが、結果の出ないの日々が続いています。

すると昨夜の試合終了後、石井智宏選手と棚橋弘至選手はロープを挟んで視殺戦を展開。

その後、石井智宏選手はNEVER無差別級6人タッグ王座のベルトを手にしたまま、場外で棚橋弘至選手を睨みつけて退場していきました。

石井「これで単独トップだな?トップだよ。あと二つ、行ってやるから。それから棚橋。いつまでサポート役に徹してんだ、この野郎!お前が表に出てこんかい、オラ!そしたら、潰してやるからよ。いい子ちゃんでいんじゃねえぞ?

キャリア的にトーア・ヘナーレ選手を牽引する立場ではあるが、後輩のサポート役に徹する棚橋弘至選手に喝を入れるように挑発。

先日のグレート・オーカーン選手に続いて、棚橋弘至選手の前にまた新たな抗争相手が現れました。

KENTA選手を相手に2020年に一矢報いることはできなかったが、棚橋弘至選手の2020年はまだまだ簡単には終わらなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA