新日本プロレス・試合結果・2020.11.7・パワーストラグル2020・大阪・PART2【煽りVTR】

新日本プロレス・2020年11月7日・パワーストラグル2020( POWER STRUGGLE 2020 )・ 大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)大会の試合結果、動画まとめ・PART2!

関連:2020.11.7・パワーストラグル2020の全対戦カードが決定!【新日本プロレス・2020年11月】

11月7日・パワーストラグル2020の試合結果・PART1はコチラ!

煽りVTR

第4試合 / USヘビー級王座挑戦権利証争奪戦

〇[保持者]
KENTA
ゲームオーバー

vs

× 棚橋弘至

KENTA選手が場外からブリーフケース攻撃を決めてペースを握る。

レフェリーに文句を言うKENTA選手がDDTからフォールに入ると、棚橋弘至選手が返した反動でKENTA選手がレフェリーに激突。

その隙にKENTA選手が再びブリーフケース攻撃を狙うが、レフェリーがリング内に戻りて止めに入り、KENTA選手にブリーフケースが激突。

KENTA選手が強烈な張り手の連打からブサイクニー!

そしてKENTA選手が go 2 sleep を狙うが、棚橋弘至選手がツイスト・アンド・シャウト3連発で反撃。

棚橋弘至選手がスリングブレイドからハイフライアタック。

さらに棚橋弘至選手がテキサスクローバーホールドを決めるが、体勢を入れ替えたKENTA選手がゲームオーバー!

さらにKENTA選手がゲームオーバーで締め上げて、棚橋弘至選手がギブアップ!

KENTA選手がUSヘビー級王座挑戦権利証防衛!

セミファイナル / IWGPヘビー級&インターコンチネンタルダブル王座挑戦権利証争奪戦

×[保持者]
飯伏幸太

vs
〇 ジェイ・
ホワイト
逆さ押さえ込み

飯伏幸太選手がVトリガーからカミゴェを狙うと、ジェイ・ホワイト選手がトップロープに足をかけて逆さ押さえ込みで丸め込んで勝利!

ジェイ・ホワイト選手がIWGPヘビー級&インターコンチネンタルダブル王座挑戦権利証獲得!

史上初の権利証移動!

メインイベント / IWGPヘビー級&インターコンチネンタルダブル王座戦

〇[王者]
内藤哲也
デスティーノ

vs

× EVIL

EVIL選手がコーナートップからの雪崩式ブレーンバスターからスコーピオンデスロック!

内藤哲也選手がコリエンド式デスティーノから正調デスティーノを決めるが、ディック東郷選手がレフェリーを場外に引きずり落としてカウント阻止。

するとディック東郷選手がチョーク攻撃、さらに高橋裕二郎選手がステッキ攻撃&ピンプジュース!

しかし、SANADA選手が救出に現れて、二人まとめてバックステージに連行!

EVIL選手がローブローを決めると、内藤哲也選手も急所蹴りで反撃。

するとジェイ・ホワイト選手が登場、内藤哲也選手にSSS!

そこに先ほど敗れた飯伏幸太選手が登場、EVIL選手にハイキック!

ジェイ・ホワイト選手がバックステージに逃げると、飯伏幸太選手が追走。

内藤哲也選手がバレンティアからデスティーノで勝利、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル王座防衛!

試合後、権利証保持者ジェイ・ホワイト選手(&外道選手)が再び登場。

そしてジェイ・ホワイト選手はレッスルキングダム15・二日目(1月5日・東京ドーム)でダブル王座に挑戦すると宣言!

そこに飯伏幸太選手が登場。

ジェイ・ホワイト選手(&外道選手)がバックステージに退避すると、飯伏幸太選手はそのまま追いかけていく。

最後は内藤哲也選手がBUSHI、SANADA、ヒロム、鷹木、イ・内藤。ノスオトロス!ロス・インゴベルナーブレース・デ・ハ・ポーン!で締める。

11月15日・BOSJ27&WTL2020・初戦の試合結果はコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA