飯伏幸太「残るはIWGPヘビー」、内藤哲也「タイトルマッチを主張する権利はある」【新日本プロレス・2020.10.18・PART4】

新日本プロレス・2020年10月18日・G1クライマックス30・最終日・優勝決定戦・両国国技館大会のバックステージコメントまとめ・PART4!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.10.18・G1クライマックス30・最終日・決勝戦・両国・PART2【煽りVTR】

内藤哲也

昨夜の試合後、EVIL選手の襲撃を受けてノックアウトされてしまったIWGPヘビー級&インターコンチネンタル王者・内藤哲也選手。

おぼつかない足取りでバックステージに戻ると、2本のベルトを手にしてアピールしたEVIL選手の挑戦表明を受諾しました。

内藤「(※フラフラとインタビュースペースにたどり着くと床に片膝をついて)EVILは、(※床に置かれたベルトに目をやり)この2本のベルト、もしくはどちらかのベルトに挑戦したいってことで、いいのかな。まぁ、口に出すことは自由だし、口に出さなきゃ、誰にも伝わらないんで、いいんじゃないですか。この『G1 CLIMAX』、俺に土をつけた選手に、俺とのタイトルマッチを主張する権利は、十分にあると思うんでね。いいと思いますよ。あとは、新日本次第なんじゃないの? 今夜、EVILには、菅林会長に電話して、お願いすることをオススメしますよ。もちろん、ダークネスな時間にね

このG1 CLIMAXで土をつけた選手=SANADA選手、EVIL選手、KENTA選手の3名にはタイトルマッチを主張する権利があると明言。

まずは次期シリーズ・パワーストラグル(10月23日~11月7日)で、真っ先に行動に移したEVIL選手の挑戦を受けることが決定的になりました。

しかし、内藤哲也選手はタイトルマッチが2冠戦なのかどうかも気になっている模様。

かねてから内藤哲也選手は2本のベルトを別々に防衛することを希望しているが、残念ながら別々のタイトルマッチは実現していません。

そんななか、G1クライマックス30優勝者の飯伏幸太選手は2冠ではなくIWGPヘビー級だけへの挑戦を示唆しました。

飯伏幸太

ジェイ「黙れ。俺が話してるんだ。今までもこれからもお前は俺に勝てない。挑戦権利証の入ったブリーフケースが贈呈されるんだろ?でも俺がお前から奪ってやる。今日の所はトロフィーと一緒に楽しめよ
飯伏「いつでもいいよ。いつでも
ジェイ「じゃあな。楽しめ」※ジェイ立ち去る。
飯伏「(※報道陣に)落ち着きましょう。今は、うれしい時間だから。邪魔されたくない。これは僕の時間だから。もう一回言います。僕は3年連続、この優勝決定戦に出場。これは史上初だと思います。そして、2年連続優勝。これは蝶野さん、天山さん以来3人目。これは間違いない、事実。次、彼(ジェイ)が言ったように、いつでもやっていいよ
(中略)
─リング上も今も、「2冠」ではなく「IWGP」という発言がありました。現状、2冠ではなくIWGPということですか?
飯伏「そうですね。IWGPも強いし、僕の中ではこの2連覇というのもあり得ないことなので。実現したなという気持ちですね。そう思わないですか? これは夢なんじゃないかって
──まだ達成してないことというとIWGP?
飯伏「そうです。僕はジュニアからやってきて、ジュニアのタイトルも全部獲って、ヘビー級に挑戦して、ヘビー級に転向して、それからここまでたどり着いて。あと残るは、IWGPヘビー級。これだけだと思うんで。
──それを東京ドームで?
飯伏「成し遂げたいと思います

途中でジェイ・ホワイト選手の横槍が入りましたが、飯伏幸太選手の狙いはあくまでIWGPヘビー級、これだけと宣言。

G1公式戦で敗れたジェイ・ホワイト選手に挑戦権利証戦でリベンジを果たし、レッスルキングダム15・東京ドーム大会(2020年1月4日&5日)でIWGPヘビー級王座獲得を成し遂げられるのか。

逃げない、負けない、諦めない、裏切らないと誓った飯伏幸太選手の今後の闘いから目が離せない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA