《飯伏幸太がG1クライマックス30優勝、G1連覇達成!》新日本プロレス・試合結果・2020.10.18・G1クライマックス30・最終日・決勝戦・両国・PART2【煽りVTR】

新日本プロレス・2020年10月18日・G1クライマックス30( G1 CLIMAX 30 )・最終日・優勝決定戦・両国国技館大会の試合結果、動画、星取・順位表まとめ・PART2!

関連:G1クライマックス30出場選手&A・Bブロック分けが決定!【新日本プロレス・2020年9月】

10月18日・G1クライマックス30・最終日の試合結果・PART1はコチラ!

煽りVTR

セミファイナル


内藤哲也
 

vs

〇 EVIL
スコーピオン
デスロック
× BUSHI高橋裕二郎

元ノーリミット対決で試合が始まるも、すぐにEVIL選手が乱入。

ディック東郷選手の介入でバレットクラブが数的有利に試合を進める。

EVIL選手がラリアットからダークネスフォールズ!

そしてEVIL選手がスコーピオンデスロックで勝利!

試合後もEVIL選手がスコーピオンデスロックを極め続けると、内藤哲也選手が救出。

内藤哲也選手とEVIL選手が睨み合うと、背後からディック東郷選手がチョーク攻撃!

そしてEVIL選手がEVILでノックアウト、IWGPヘビー&IC王座のベルトを手にしてアピール!

メインイベント / G1クライマックス30優勝決定戦

〇[A・1位]
飯伏幸太
カミゴェ

vs
×[B・1位]
SANADA

SANADA選手のドロップキックは不発。

飯伏幸太選手がカウンターのパワーボム!

SANADA選手がタイガースープレックスホールドを決めるもカウント2!

そしてスカルエンドからラウンディングボディプレスを狙うが、飯伏幸太選手が回避して自爆。

飯伏幸太選手がボマイェからカミゴェを狙うと、SANADA選手はポップアップ式TKOで反撃!

SANADA選手が背中にラウンディングボディプレスを決めて、再びラウンディングボディプレスを狙うが、飯伏幸太選手が両膝を立てて迎撃。

スカルエンドを巡る攻防から、飯伏幸太選手が人でなしドライバー!

SANADA選手がオコーナーブリッジを決めるもカウント2.9!

飯伏幸太選手がハイキックからジャンピングニー、そしてカミゴェを決めるがカウント2!

最後は飯伏幸太選手が生膝でのカミゴェで勝利!

飯伏幸太選手がG1クライマックス30優勝!

10月23日・ロードトゥパワーストラグル2020の試合結果はコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA