内藤哲也が敗退「言葉が見つからない」、SANADAが決勝進出「プロレス界の希望になってやる」【新日本プロレス・2020.10.17】

新日本プロレス・2020年10月17日・G1クライマックス30・十八日目・Bブロック最終戦・両国国技館大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.10.17・G1クライマックス30・十八日目・Bブロック最終戦・両国【オープニングVTR】

内藤哲也

IWGPヘビー級&インターコンチネンタル王者としてG1クライマックス30に臨んだ内藤哲也選手。

昨夜のBブロック最終公式戦ではKENTA選手に起死回生の丸め込みで3カウントを奪われて、3年ぶりの優勝決定戦進出を逃してしまいました。

内藤「(膝をついて)ああ、クソぉ!クソッ!これでメインの結果がどうなろうと、俺はもう優勝決定戦に上がれない?これじゃあさあ、これじゃあ、1勝もできてない選手と一緒だから。この『G1 CLIMAX』は全員が優勝目指しているわけで、優勝以外の選手はハッキリ言ってみんな横一線だからね。このシリーズ、緊張感持ってやってきたけど、これで全部パーか。メインイベント、EVILvsSANADAの最高のお膳立てをしちまったな。今、たった今、脱落が決定したこの瞬間にね、この『G1 CLIMAX』を振り返るつもりもないし、今日の敗戦はショック以外何もないな。ちょっと言葉が見つからないよね。情けない結果になっちまったぜ、カブロン!

3人目のIWGP王者でのG1制覇を果たして外敵を迎え撃つ興味深いプランも用意していましたが、残念ながら来年以降に持ち越しとなりました。

まだ正式発表はされていませんが、例年通りレッスルキングダム15(2020年1月4日・東京ドーム)でG1優勝者の挑戦を受けることになる見込み。

ただし、内藤哲也選手はIWGPヘビー級王座とIC王座のベルトを別々に防衛していくことを望んでいるため、ドーム大会前のドミニオン(11月7日)でIC王座戦が行われるかもしれません。

SANADA

現2冠王者・内藤哲也選手と前2冠王者・EVIL選手を下して優勝決定戦進出を決めたSANADA選手は、バックステージで最後の意気込みを語りました。

SANADA「明日、決勝戦で、SANADAがプロレス界の希望になってやるよ(と言うと、アナウンサーより『相手は飯伏選手ですが?』という質問を受けるが、答えずに無言で左手を上げて控室へ)

SANADA選手らしく手短でシンプルなコメント。

紆余曲折を経て辿り着いたG1決勝の舞台でプロレス界の希望になることはできるのか、今夜のG1クライマックス30優勝決定戦を決してお見逃しなく!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA