内藤哲也が望むG1決勝「オスプレイに上がってきてほしい」【新日本プロレス・2020年9月】

新日本プロレス・内藤哲也選手がG1クライマックス30について語りました。

ついに本日2020年9月19日に開幕するG1クライマックス30

史上初めて2冠王としてG1を迎えるIWGPヘビー&IC王者・内藤哲也選手は、Bブロックにエントリーされました。

同ブロックでは棚橋弘至選手やSANADA選手に注目している一方で、Aブロックにも気になる選手がいるようです。

パレハ では、優勝決定戦で対峙しそうなのは?
内藤 順当に考えればオカダですけど、オレは鷹木か、もしくはオスプレイに上がってきてほしいです。オスプレイに関しては、今回の出場者で唯一シングルをやったことないんですよ。体もデカくなったって噂も聞きますし、それでいままでと同じく飛ばれた日には対戦相手も苦戦するでしょうけど、オレはちょっと興味ありますね。(引用:週刊プロレス No. 2084)

今回のエントリー選手のなかで、内藤哲也選手が唯一シングルマッチでの対戦経験がないのがウィル・オスプレイ選手。

もしこの試合が実現すれば、かつてG1で内藤哲也選手とケニー・オメガ選手が初シングルマッチで凄まじい試合を見せたように、G1で新たな名勝負が誕生することは間違いないだけに期待せずにはいられません。

また、ウィル・オスプレイ選手が新型コロナウイルスによる中断期間にヘビー級の肉体を手に入れたことも、内藤哲也選手の耳に入っているようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nerd.

Will Ospreay • ウィル・オスプレイ(@willospreay)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

Counting down.

Will Ospreay • ウィル・オスプレイ(@willospreay)がシェアした投稿 –

大幅にウェイトをアップしたウィル・オスプレイ選手は新たなファイトスタイル、そして内藤哲也選手とのドリームマッチの実現に乞うご期待!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA