小島聡はKOPW2020で「小島のみフィニッシュ限定」、デスペは「フィニッシュ禁止マッチ」を提案!【新日本プロレス・2020.8.9・PART1】

新日本プロレス・2020年8月9日・サマーストラグル2020・後楽園ホール大会・7日目のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.8.9・サマーストラグル・後楽園・七日目【オープニングVTR】

小島聡

KOPW2020に向けて、エル・デスペラード選手からお互いのフィニッシュが決まった時以外はカウントを数えないフィニッシュ限定マッチを提案された小島聡選手。

フィニッシュホールドのラリアットを侮辱された小島聡選手は、力の差を見せつけるべく小島のみフィニッシュ限定マッチを提案しました。

そのキミのアイデアはとてもいいと思う。フィニッシュ限定、ラリアット。だったら、キミのフィニッシュは何でもいいぞ。俺がラリアットを使えるんだったら、キミは何を使っても構わない。一発で終わらせてやるよ。それだけ楽しみにしとけ。いろんなアイデアを俺も頭に入れとくよ。だけど、お前のそのアイデアが一番熱いと思う

スタン・ハンセン直伝のラリアットに絶対的な自信を持っているからこその提案。

エル・デスペラード

一方のエル・デスペラード選手は、試合ルールをフィニッシュ限定マッチからフィニッシュ禁止マッチに変更。

バカ(小島のこと)はなんて言ってた?KOPWのこと言ってたんだろ?ということはさ、さすがにルールぐらい持ってきただろ
─デスペラード選手が考えたルールがいいと。自分も考えていると。
デスペラード「考えてるっていう割にはなんで俺のアイデアなんだよ。自分で持ってこいよ。バカかあいつ。で、なに?フィニッシュ限定マッチ?あれ、なし。いい、いい、めんどくさい。なしなし。逆。クローズライン禁止な。お前、クローズライン使うな。で、俺はピンチェ・ロコ使わねえから。それでいいだろう。俺が持ってきたルールがなんたらかんたらって言うんだったら、そのルールでやってみろ

小島聡選手はラリアット、エル・デスペラード選手はピンチェ・ロコを決めた直後のフォールのみ、カウントを数えないというルールを提案。

ダーティファイトを得意とするエル・デスペラード選手にとって、ピンチェ・ロコ以外のあらゆる手段を使えるフィニッシュ禁止マッチは、小島聡選手よりも有利に働きそうです。

徐々に形が見え始めてきたKOPW2020ですが、まだSHO選手、SANADA選手、BUSHI選手、矢野通選手の4名は未定のまま。

明日から再開する巡業(11日~16日)は新日本プロレスワールドで放送される予定はありませんが、KOPW2020をめぐる動向から目が離せない。

KOPW2020のファン投票が新日本プロレス公式Twitterで開始!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA