内藤哲也が2冠戦リマッチ要求「ベルトのレンタル期間は終了」、石森がIWGPジュニア挑戦アピール【新日本プロレス・2020.7.25・PART1】

新日本プロレス・2020年7月25日・センゴクロード2020・愛知県体育館大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.7.25・センゴクロード・愛知県体育館【オープニング&煽りVTR】

石森太二 / 内藤哲也

本日26日から開幕する次期シリーズ・サマーストラグル(7月26日~8月29日)に向けて、シングル王座戦線に新たな動きが起きました。

まずはIWGPジュニアヘビー級王座戦線。

メインイベント終了後、石森太二選手がIWGPジュニアヘビー級王者・高橋ヒロム選手をブラディークロスで襲撃!

IWGPジュニアヘビー級王座のベルトを奪って挑戦をアピールしました。

2月の初防衛戦後に高橋ヒロム選手は誰の挑戦でも受けると宣言していたので、石森太二選手の挑戦を断る理由はありません。

次期シリーズ・サマーストラグルは1カ月以上の長いシリーズになるので、どのタイミングでタイトルマッチが組まれるかは、本日の対戦カード発表をお楽しみに。

続いてIWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタル王座。

EVIL選手へのリベンジを狙っていた前2冠王者・内藤哲也選手が、IWGPヘビー&IC王座へのリマッチを要求。

そして、マイクを握った内藤は、「最近よく“正義”って言葉を使ってるようだけど、正義って言ってみたり、ダークネスって言ってみたり、もしかしてEVIL、迷ってるの?」とEVILを挑発。
続けて、内藤は「そんなEVILに2本のベルトは荷が重た過ぎるだろ?ベルトのレンタル期間は終了だ。その2本のベルト、そろそろ返してもらおうか?」とリマッチ要求。

この発言に2冠王者のEVILは「笑わせんなよ、コノヤロー。返り討ちにしてやる!」と報復を宣言し、睨み合う両者。

EVIL選手が返り討ちにしてやると受諾したため、次回のビッグマッチ、21年ぶりの開催となる8月29日・サマーストラグル in 神宮・明治神宮野球場大会でのタイトルマッチが決定的になりました。

ちなみに東京出身のカープファンである内藤哲也選手は、高校時代からカープを応援するために神宮球場に足しげく通っていました。

東京出身なので、中学校までは周りにカープファンは少なかったですね。でも高校生になったら、同じ部活のなかにカープファンがいて、よく神宮球場に応援に行きました。東京にもこんなにカープファンがいるんだってビックリしながら、外野席で一生懸命にスクワット応援をしていましたよ。あのときのスクワットが、のちの新日本プロレスの入門テストにも役立ちましたね。あのスクワット応援がなければ、新日本プロレスの入門テストに落ちていたかもしれないです(笑)。(引用:hiroshima-athlete.com/ より)

野球ファンとして何度も訪れた場所でプロレスラーとして試合をするという経験は、会場マニアでもある内藤哲也選手にとってこの上ない喜びかもしれません。

思い出の地でEVIL選手にリベンジを果たし、再びIWGPヘビー&IC王座に返り咲けるかに注目!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA