高橋ヒロム「ゴールデンタイム生中継」、内藤「俺の優勝予想はEVIL」【新日本プロレス・2020.7.2】

新日本プロレス・2020年7月2日・ニュージャパンカップ2020・7日目・準々決勝戦のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.7.2・ニュージャパンカップ2020・7日目・準々決勝戦【オープニングVTR】

高橋ヒロム

IWGPジュニアヘビー級王者としてNJC2020に臨んだ高橋ヒロム選手は、1回戦で本間朋晃選手、2回戦で矢野通選手を撃破。

そして昨夜の準々決勝戦では石井智宏選手にも勝利。

ジュニアヘビー級の頂点に立つ者として、ヘビー級の3人からキッチリと勝利を上げたことで、とある記事でのダークホース扱いを笑わせんなと一蹴しました。

ヒロム「この俺は、このトーナメントのダークホースか?今日の勝利は番狂わせか?笑わせんな。順当だ、バカ野郎。俺はIWGPジュニアヘビー級チャンピオンだぞ。負けるわけにいかねえんだよ。誰にも負けるわけにはいかねえんだ。優勝して当たり前だ。
(中略)
このあと、石森が来ようが、オカダが来ようが、俺には関係ない。潰して、優勝してやる。ただそれだけだ。優勝して当たり前だ。ゴールデンタイム生中継、楽しみにしてるから

そして本日3日に行われるトーナメント準決勝戦では、なんと約34年ぶりに金曜夜8時のゴールデンタイム生中継が復活!

地上波ではなくBSでの放送ですが、高橋ヒロム選手のIWGPジュニアを巻き、ジュニアとしてヘビーのベルトを巻き、そして、ゴールデンタイムで試合をするという夢が部分的に実現することになりました。

BSから地上波でのゴールデンタイム生中継復活につなげるためにも、今夜のトーナメント準決勝戦で最高の試合を見せてくれることに期待!

内藤哲也

ついにベスト4が出揃ったNJC2020は、なんと4名中3名がロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのメンバー。

開幕前の内藤哲也選手の宣言通り、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが2020年の中心にいると証明するような結果となりました。

また、事前の内藤哲也選手の優勝予想はロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの誰かでしたが、昨日のバックステージではEVIL選手の名前を挙げました。

今日、『NEW JAPAN CUP』準々決勝?いやあ、EVILの勝ちへのこだわりが見えたし、ヒロムの諦めない気持ちっていうか、なんか彼は凄いね。復帰してまだ短期間だけど、日に日に日に日に存在感が増していくのがよくわかるよ。彼は凄いね。まあ、彼は『NEW JAPAN CUP』に出場するにあたって、別に1回戦突破が目標、2回戦突破が目標、準決勝まで行けたらいいかな、そんな気持ちで出てないでしょ?IWGPジュニアヘビー級チャンピオンとして、この『NEW JAPAN CUP』優勝目指してるんでしょ?なんか彼が優勝して7月12日、俺の目の前に立っている絵がうっす~らと見えてきたかなぁ?まあ、でも、俺の優勝予想はEVILだけどね。

もし高橋ヒロム選手が優勝すれば旗揚げ記念日で行われるはずだった幻の初対決が実現するだけに、高橋ヒロム選手を優勝予想すると思いきや、内藤哲也選手はEVILの勝ちへのこだわりが他の3人を上回ると予想。

今大会のEVIL選手は金的攻撃パイプ椅子攻撃など、普段以上にダークネスで非情な一面を見せており、結果を残すためなら手段を問わないという強い意志が感じられる。

果たして内藤哲也選手の予想は的中するのか、残り2大会のNJC2020をお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA