タイガーマスクWの研究対象は売上絶好調のタグチジャパンのタオル

新日本プロレス 2017.5.1 Road to レスリングどんたく2017 鹿児島・姶良市総合運動公園体育館大会の田口隆祐選手とタイガーマスクW選手の絡みをご紹介。

スポンサーリンク

以下、新日本プロレス公式サイトより。

“”(※3選手は引き揚げて、田口とタイガーマスクWだけが残される。2人が握手を交わすと、タイガーマスクWは田口が肩にかけていたタグチジャパンのタオルに触れて、物珍しそうに眺める)
田口「興味ある?」
(※タイガーマスクWは無言のまま、タグチジャパンタオルを手に取り、自身の首に巻いて、改めて両手で田口と握手。そしてそのまま、控室へ)””

タイガーマスクW選手の興味は棚橋弘至選手でもなく、内藤哲也選手でもなく、タグチジャパンのマフラータオルでした!

#TAGUCHIJAPAN muffler towel !! http://shop.njpw.co.jp/iwgp/g/g1561008281 #njpw

NJPW【official】さん(@njpw1972)がシェアした投稿 –

おそらくタイガーマスクW選手は団体に所属していないので、アニメ同様、タイガーマスクWグッズを販売しようとしてるんじゃないですか?

タグチジャパンのタオルは用意した1000枚が即完売、再入荷するも、現在は再び売り切れという状況。

フリーのプロレスラーはグッズも自前で作らなければなりませんので、現在のトレンドを研究した結果、タグチジャパンのタオルに興味を抱いたのかもしれない…

タイガーマスクW選手は、プロレス界のグッズの売れ行きまで研究するほど、噂通りの研究熱心な選手。

近いうちにとある研究所から似たデザインのタオルが発売されても、皆さん温かい目で見守ってあげてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA