内藤哲也と北海道ツアー「楽しみなのが長万部のかにめし」【新日本プロレス・2020年2月】

新日本プロレス・内藤哲也選手が北海道ツアーについて語りました。

今年2020年は東京オリンピックの影響により、毎年夏に開催されるG1クライマックスが秋に開催されます。

そしてG1クライマックスが秋に移動したことにより、7月には7年ぶりの開催となる北海道ツアーが決定しました。

7年前は本隊の一員として北海道ツアーに出場した内藤哲也選手が、北海道ツアーの楽しみについて語りました。

内藤 それはありますね(笑)。オレ自身、きたえーると苫小牧市総合体育館(7月14日)以外、プロレスをするのは初めての会場ですから。それとひそかに楽しみなのが、長万部のドライブインで食べるかにめしですよ。
パレハ お、あまり食にこだわりのない内藤選手にしては意外ですね!
内藤 いや、ファンの頃に田中ケロさんの旅日記が年一くらいで出版されてて、そこに「北海道巡業のとき、レスラーはみんなかにめしを食べる」みたいなことが書かれてたんですよ。「へえ、そういうもんなんだ!」と思って、自分が巡業で初めて食べたときはうれしかったですね。それからしばらくはご無沙汰なんですけど、今回は函館から苫小牧に移動するときに、立ち寄ることができるかもしれないんで。(引用:週刊プロレス No. 2053)

まさか次回の帯広大会が7年後になるとは当時は思いもしなかったかもしれません。

内藤哲也選手のツイッターにかにめしが登場する日をお楽しみに!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA