本間が地元凱旋「1年7カ月ぶり」、鷹木「NEVER2冠」【新日本プロレス・2020.1.27・PART1】

新日本プロレス・2020年1月27日・ロードトゥニュービギニング2020・山形ビッグウイング大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

鷹木信悟

オイ、わかったぞ。わかったぞ。お前のGTRは、わかったぞ……何の略かわかったぞ。“後藤・とにかく・理不尽”、そのGTRだろ?間違いねえな。ちなみに鷹木式GTRは、オレもしっかり考えたぜ。寝ないでな。鷹木式GTRは、“グレート・鷹木・レボリューション”だ。鷹木式GTRで、札幌のタイトルマッチ、一発で奪ってやる。そして、NEVERの2冠王になるのはオレだ

ニュービギニング札幌・初日(2月1日)で行われるNEVER無差別級王座戦に向けた前哨戦を闘っている王者・後藤洋央紀選手と挑戦者・鷹木信悟選手。

現NEVER6人タッグ王者でもある鷹木選手は、先日のニューイヤーダッシュでも披露した鷹木式GTRで勝利してNEVERの2冠王になると宣言!

また、先日の日記ではベルトを奪取した後のこともしっかり考えていると明かしました。

ドゥルセ・ガルデニア選手へのリベンジをはじめ、すでに鷹木選手は今後のプランを用意しているようです。

鷹木選手がベルトを獲得した暁には、無差別級らしい闘いが多く見れることを期待しています。

本間朋晃

本間「(※コメントスペースにたどり着くなり、崩れ落ちるようにフロアに座り込む)1年7か月ぶりの、1年7か月ぶりの、山形のリング。どんな思いで……。クッソー……。鈴木のヤロー。タダで終わるか。倍返しだ、コノヤロー。少しでも成長した姿を見せたかった。次だ、次……

2018年6月に地元・山形大会で行われた復帰戦以来、約1年7カ月ぶりに本間朋晃選手が地元凱旋!

残念ながら鈴木軍に敗れたものの、この1年7か月をしっかりと闘い抜いて地元に戻ってきたこと自体が、ファンにとっては成長した姿だったと思います。

復帰後はなかなか思うような結果を残せていませんが、これからも本間選手の踏まれても踏まれても這い上がるプロレスを応援していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA