鷹木信悟がキスのリベンジを宣言「黙ってらんねえ」、棚橋「ダークネスワールド」【新日本プロレス・2020.1.20・PART2】

新日本プロレス・2020年1月20日・ファンタスティカマニア2020・後楽園ホール大会・最終日のバックステージコメントまとめ・PART2!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.1.20・ファンタスティカマニア2020・後楽園最終日【来日選手紹介VTR】

棚橋弘至

棚橋「ルチャのシリーズ、ルチャの落ちこぼれだけど、またいろんな発見があったし、今日で俺は、ダークネス・ワールドに落ちるかもしれない

“キング・オブ・ダークネス”EVIL選手とのキスという予想外のアクシデントに見舞われた棚橋弘至選手。

このままダークネスワールドに落ちる、つまりヒールターンしてしまうのか?

今後のEVIL選手と棚橋弘至選手の関係性に変化が起きるか注目!

鷹木信悟

鷹木「オエッ!ウエッ!気持ち悪い。こんなに後味の悪い勝利、記憶にないよ。ああ、気持ち悪い。しかも、俺だけ長くねえか、おい!20~30秒、キスしてたろ、あいつ。舌巻いてたしよ。ふざけんなよ!(ことさらに声を張り上げて)これもすべてーッ!NEVER無差別級チャンピオン、後藤洋央紀!お前のせいだ。すべてお前のせいだ!おもしれえじゃねえか。2.1札幌、俺とのタイトルマッチに負けたら、ドゥルセは髪切りマッチやりたいらしいから、後藤、お前がドゥルセと髪切りマッチやれ。そうだな、俺もここまでやられたら黙ってらんねえから、NEVER無差別級のベルトを獲った暁にはッ!ドゥルセと非公式でやってやる、非公式で。おい、メキシコでいいじゃねえか、メキシコで。二度と日本に来れねえようにボコボコにしてやるからな。あんな奴、二度と触るか、この野郎!ウエッ……

シリーズ最終戦までドゥルセ・ガルデニア選手のベソ(キス)攻撃を回避し続けてきた鷹木信悟選手でしたが、ついにその唇を奪われてしまいました。

怒る鷹木選手は、ニュービギニング札幌(2月1日)で対戦するNEVER無差別級王者・後藤洋央紀選手に八つ当たり。

そしてベルト奪取後、メキシコで非公式にNEVER無差別級王座を懸けてドゥルセ・ガルデニア選手へのリベンジすると宣言!

メキシコ遠征を希望している内藤哲也選手とともにCMLLに殴り込みか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA