高橋ヒロムが内藤を助けなかった理由「放置した方が面白い」【新日本プロレス・2020.1.27・PART2】

新日本プロレス・2020年1月27日・ロードトゥニュービギニング2020・山形ビッグウイング大会のバックステージコメントまとめ・PART2!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

昨日公開されたインタビューで内藤哲也選手が語ったKENTA選手による襲撃事件

そのインタビューのなかで、レッスルキングダム史上最悪のバッドエンドが起きた後、内藤選手を助けに来たのがBUSHI選手だけだった件について言及。

その時、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのパレハ(仲間)たちは控え室で何をしていたのか。

パレハの一人である高橋ヒロム選手が、襲撃に気付きながらも内藤選手の救出に向かわなかった理由を明かしました。

高橋ヒロム

そしてそして、内藤さんの、読みました?あの、公式サイトでやってる、インタビューみたいな……なぜ(1.5東京ドームで)KENTAが入ってきた後、助けに来てくれなかったのかと……。単純な理由ですよ。あのまま放置しておいた方が、面白いと思ったから。ただ、それだけですよ。だって、内藤さんが普段から言ってることじゃない。『自分で行動しないと始まらない』『一歩踏み出す勇気』、あれはその一歩踏み出す勇気を見れた瞬間じゃない。でも、なかなかあそこまでの一歩は、なかなか踏み出せない。ところが、あの選手は踏み出した。実は内藤さん、内心はすごくうれしがってるんじゃないか。そう思ってオレはあの時、控室のモニターで、“フフーン、内藤さんいかれたよ。せっかく締めれたのに、かわいそうだなあ……”。でも、内藤さんは心の中で笑ってたと思うよ。だって、2021年のドームのメインを締めて、勝てばいいだけの話じゃないですか。ね?そう思ってるんじゃないですか。

ヒロム選手が助けに向かわなかった理由はあのまま放置しておいた方が、面白いと思ったから」。

確かに途中で誰かが止めに入ってしまったら、史上最悪のバッドエンドにはならず、中途半端な雰囲気のなかでデ・ハポンの大合唱をしていたかもしれない。

史上最悪のバッドエンドで幕を閉じたからこそ、内藤選手とKENTA選手の舌戦にも熱が入る。

東京ドーム初のデ・ハポン大合唱を実現できなかったのは残念ですが、ヒロム選手の予想通り、二人の抗争は今後もさらに面白い展開になっていきそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA