高橋ヒロムが語る新必殺技「試合開始1分で出せる技」【新日本プロレス・2020年1月】

新日本プロレス・高橋ヒロム選手が新必殺技「 TIME BOMB Ⅱについて語りました。

2020年1月4日、高橋ヒロム選手は予告通りに新必殺技「 TIME BOMB Ⅱ」を解禁。

自身の長期欠場中に新日ジュニアを牽引してきたウィル・オスプレイ選手を撃破して、見事にIWGPジュニアヘビー級王座を奪還しました。

これまでのフィニッシュホールドである「TIME BOMB(旧レインボードリーム)との違いについて、今週の週刊プロレスで新技のポイントを明かしました。

技のポイントですか?試合開始1分で出せる技が欲しかったんですよ。あの体勢って、ボディースラムの体勢からでもいけるし、どこからでもあの体勢に入れる。だから、試合の最初でも最後でもいつでも出せる技です。でも、次いつ出すかはわからないし、もしかしたらあっさり出すこともあるかもしれない。(引用:週刊プロレス No. 2050)

TIME BOMBは対戦相手をファイヤーマンズキャリーの体勢で担ぎ上げなければならないのに対して、TIME BOMB Ⅱは右肩に乗せてしまえば技の体勢に入ることができる。

試合序盤に基本技のボディースラムを決めると見せかけて、一気にフィニッシュホールドを決められるのは、対戦相手にとっては脅威でしかない。

イッテンヨンの初披露では時間がかかってしまったが、これから技の精度が上がればさらに強力な一撃になりそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA