ゲイブリエル・キッドが新日本初参戦「まだまだ実力不足」、本間「中西さんは超人」【新日本プロレス・2020.1.25・PART1】

新日本プロレス・2020年1月25日・ロードトゥニュービギニング2020・古河市中央運動公園総合体育館大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

本間朋晃

本間「2月22日。中西さんの引退が決まりました。中西さんに対してすっげー思うとこありますよ。あの人は超人ですよ。凄い、めちゃくちゃ凄いですよ。超人、いや……野人。あんな男見たことない。思うところがいっぱいあるんですよ、中西さんに対して俺と同じ怪我をされて普通にやってるあの男の凄さ。デカい、ゴツい、重い。リアルプロレスラー……再現する男。中西さん、次、綺麗にぶん投げてやりますから。それが俺からのあなたへの餞別です

2月22日・後楽園ホール大会で現役を退く中西学選手に対して、本隊で共に闘ってきた本間朋晃選手が思うところがいっぱいあると現在の心境を語りました。

中西選手は2011年に中心性脊髄損傷、本間選手は2017年に中心性頸髄損傷という大怪我を経験。

二人ともプロレスが出来なくなるかもしれないという首の怪我を乗り越えて、奇跡のリング復帰を果たしました。

欠場中の不安、復帰後の苦悩というのは同じ怪我を経験した者にしか分からないからこそ、本間選手の言葉には重みを感じます。

2月22日までの残り13大会、本間選手が餞別のブレーンバスターを決められるか注目!

ゲイブリエル・キッド

ゲイブリエル「オイ。オイ。痛い…。言い訳はしない。負けに理由なんてない。実力がないから負けたんだ。まだまだ実力不足。まだまだ…。(日本語で)イジョー

LA道場ヤングライオンのゲイブリエル・キッド選手が新日本プロレスデビュー!

ゲイブリエル・キッド選手は2013年にプロデビュー、その後は地元イギリスのインディー団体を転戦。

そして昨年2019年6月、LA道場コーチ・柴田勝頼選手からの誘いを受けてLA道場への加入が決定しました。

ヤングライオンになる前のフィニッシュホールドはランニングブートパイルドライバーエメラルドフロウジョンなど。

しかし、ヤングライオンとして再出発するため、当面の間はかつての得意技を見る機会はなさそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA