オカダ「あなたが勝ったのは漢字の岡田和睦」、ヒロム「後楽園で襲われた」【新日本プロレス・2020.1.25・PART2】

新日本プロレス・2020年1月25日・ロードトゥニュービギニング2020・古河市中央運動公園総合体育館大会のバックステージコメントまとめ・PART2!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

高橋ヒロム

ドラゴン・リー、さてどこにいるんでしょうか。もしかしたら札幌の前、いや、後楽園ぐらい顔を出すんではないか。いやいやまさかそんな事はないと思う。ドラゴン・リーがこのコメントを読んでいるはずがない。いやもしかしたら、あいつだったら考えている可能性がある!なんていったって前も後楽園で襲われたことがある。俺も襲ったことがある!あるぞ?あるぞこれ。札幌の前か?どこだ〜?あるぞこれは〜!

ニュービギニング大阪(2月9日)でリュウ・リー(=ドラゴン・リー)選手とのタイトルマッチが控えているIWGPジュニアヘビー級王者・高橋ヒロム選手。

大阪までの残り8大会で前哨戦が組まれているのはニュービギニング札幌・初日(2月1日)のみですが、ヒロム選手は後楽園ぐらい顔を出すんではないかと予想。

二人にとって後楽園ホールは、メキシコで生まれたライバルストーリーを日本に持ち帰ってきた特別な場所。

リュウ・リー選手は後楽園3連戦(2月4日〜6日)に出場する予定はありませんが、二人の思い出の地に登場するか注目!

オカダ・カズチカ

オカダ「勝率100%らしいけど、タイチさん、俺負けたのは石狩太一だから。そしてあなたが勝ったのは漢字の岡田和睦だから。まあ12年、ぼくがデビュー戦の相手をしてもらって、シングル絡まなかったっすね、いや絡めなかったんすかどっちなんすか。ただ、その12年。お互いがどんな12年だったか、札幌で、お互い……感じ合いましょうよ。本当にベルトもかかってないし、ただ、なんてことのないシングルマッチかもしれませんけど。ぼくはスペシャルな、そんなに口で言うほど軽いスペシャルシングルマッチとかじゃなくて、本当にスペシャルなシングルマッチだと俺は思う

ニューイヤーダッシュで因縁が生じたオカダ・カズチカ選手とタイチ選手は、ニュービギニング札幌・2日目(2月2日)のメインイベントで激突!

過去のシングルマッチでの対戦成績はタイチ選手が1勝0敗で勝率100%

12年前の2008年4月12日、岡田かずちか再デビュー戦で石狩太一(当時)選手が岡田かずちか(当時)選手に低空ドロップキックで勝利しました。

また当時の二人はプライベートでも仲が良く、カズこと岡田かずちか(当時)選手はかわいい後輩の一人でした。

昨日の話。
合同練習が終わって家でウトウトしていたら、カズ岡田から電話が。
カズ「石狩さ~ん、暇なんでどっか遊びに行きましょうよ~
石狩「眠いからいいや、またね
カズ「出た!ナンすか!
石狩「寒いし眠いし、いいよ
カズ「ぢゃいいですよ!もう誘いませんから
石狩「わかった、お疲れさん
カズ「ちょっと待ってくださいよ~
ちょっと可哀想になったので結局相手する事に。
で、なんだかんだで部隊鍋へ行き食事。
例の辛いやつは…
入ってません(^^)(引用:新・石狩生活 2009-01-03

岡田かずちか石狩太一の2度目のシングルマッチ、もといオカダ・カズチカタイチの初シングルマッチはどちらに軍配が上がるのか、冬の札幌2連戦をお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA