後藤洋央紀「全てはリングの中」、ライガー「勝ったら引退撤回だよ?」【新日本プロレス・2020.1.4・PART1】

新日本プロレス・2020年1月4日・レッスルキングダム14・東京ドーム大会・初日のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2020.1.4・レッスルキングダム14・東京ドーム・初日・PART1【第0試合~第2試合】
関連:新日本プロレス・試合結果・2020.1.4・レッスルキングダム14・東京ドーム・初日・PART2【第3試合~US王座戦】
関連:新日本プロレス・試合結果・2020.1.4・レッスルキングダム14・東京ドーム・初日・PART3【IWGPジュニア~IWGPヘビー】

獣神サンダー・ライガー

やっぱ佐野さんはすごいよ。佐野さんはすごいけど、明日はパートナーだけど、俺の目の前にはヒロムしか見えてないから。だからチャンピオンとして上がって来いよって言ってるんだ。分かる?勝ったら俺、分かんないよ?引退撤回だよ?ヒロム引退だよ?知らないよ?

ついに本日5日・レッスルキングダム14・2日目で正真正銘の引退試合が行われる獣神サンダー・ライガー選手。

初日に高橋ヒロム選手がチャンピオンに返り咲いたため、獣神サンダー・ライガー選手の希望通り、引退試合はIWGPジュニアヘビー級王者&ROH世界TV王者とのタッグマッチに決定!

すでに現役引退は発表されていますが、もし獣神サンダー・ライガー選手が勝利すれば引退撤回、もし高橋ヒロム選手が敗れたらヒロム引退、と改めて現役ラストマッチへの意気込みを語りました。

現役引退に華を添えるような試合ではなく、最後の最後までお互いが本気で潰し合うような試合になるのは間違いない。

”怒りの獣神”の最後の闘いをしっかりと見届けたいと思います。

後藤洋央紀

後藤「全ては、明日。あのリングの上で、決着をつけるだけです。バックステージで何を言おうが、ツイッターで何をつぶやこうが、全てはあのリングの中にある。明日はその答えを見せてやります。以上です

11月・大阪大会から続いたNEVER無差別級王者・KENTA選手と後藤洋央紀選手の抗争もいよいよ大詰め。

試合終了直後、バックステージ、ツイッター、記者会見、様々なシチュエーションでKENTA選手に翻弄されてきましたが、やはり大切なのはリングの中での結果。

この2カ月間で溜まりに溜まったフラストレーションを後藤洋央紀選手が大爆発させてくれることに期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA