タイチ「それでいいんだよ、内藤」、ヘナーレ「信悟、オマエはどうだ?」【新日本プロレス・2019.10.27】

新日本プロレス・2019年10月27日・ロードトゥパワーストラグル・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.10.27・ロードトゥパワーストラグル・後楽園【オープニングVTR】

トーア・ヘナーレ

さぁ、ここまで来て、『WORLD TAG LEAGUE 2019』はどうなってるんだっけ?俺とタッグを組みたいヤツはいないのか?真壁、また俺と組みたくないか?本間、飯伏、タナはどうだろう?俺は今、こうやって自分をテストしている。自分のスピリットを感じている。それをみんなにも感じてほしい。信悟、オマエはどうだ?

ワールドタッグリーグ2019(11月16日開幕)出場を強く希望しているトーア・ヘナーレ選手がタッグパートナー候補について言及。

ちなみに2016年は中西学選手、2017年・18年は真壁刀義選手とタッグリーグに出場しました。

バックステージでは今月7日に念願のシングルマッチで対戦した鷹木信悟選手の名前も挙がったが、今年は誰と組むことになるのか?

タイチ

ここまで無言を貫いてきた内藤哲也選手がついに動きました!

試合開始直後にタイチ選手からやるのか、やらねえのか、どっちだ?と問われると、自ら反則負けを喫してタイチ選手をデスティーノ葬。

そしてマイクを握った内藤哲也選手はシングルマッチ、やるに決まってんだろと返答しました。

言ったな、あいつ。やるんだな?よし、それでいいんだよ、内藤。最初っからよ、今日の一撃といい、試合中の顔。がむしゃらさ。懐かしいな。昔、俺が初めて新日本プロレスに出た頃、初めての対戦相手はお前だったな。言ったよな、俺に。『新日本プロレスで一番下っ端の俺がタイチを倒してやる』って。あいつは俺に向かって言ったよ。俺を殺すような目でな。それが戻ってきたな。そうでなくちゃいけねえ。その内藤に、その本気になった内藤に勝ってこそ俺の次が見えるんだ。楽しみだ、本気になった内藤哲也。

ついに本気になった内藤哲也にタイチ選手も満足気な様子。

パワーストラグル(11月3日)までに言葉を発するかどうかはオレの気分次第と言っていた内藤哲也選手に口を開かせたという意味では、タイチ選手が精神的に一歩リードと言えそうです。

前哨戦は残り4大会、本気になった内藤哲也の逆襲に期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA