オカダ「EVIL忘れてました」、棚橋「俺たちは必ず上がる」【新日本プロレス・2019.10.7・PART2】

新日本プロレス・2019年10月7日・ニュージャパンロード・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ・PART2!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.10.7・ニュージャパンロード【オープニングVTR】

棚橋弘至

棚橋「次、NEVERのタッグ。すぐにはまわってこないと思う。けど、ノブもトモも、どっか心の隅にこのタッグを置いておいて欲しい
YOSHI「もちろん
棚橋「今ここの場所でも俺たちは必ず上がるから、必ず上がるから。上がって、みんなで、必ず上がって、上がって。そん時また、行きましょう

NEVER無差別級6人タッグ王座に挑戦したヒロ、ノブ、トモの3人によるチームこっからでしたが、残念ながら王座獲得ならず。

念願のYOSHI-HASHI選手のプロ初タイトルもお預けとなりました。

そしてチームこっからの今後について、棚橋弘至選手はどっか心の隅にこのタッグを置いておいて欲しいとユニット継続を希望。

今回限りのタッグ結成では終わらない模様。

再びチームこっからが集結する日まで忘れずに心の隅にと置いておきましょう。

オカダ・カズチカ

オカダ「EVILの存在忘れてました。Skull Endも喰らって、EVILも喰らって。まあ、さすがチャレンジャー。勢いがあっていいじゃない。これでね、オレや飯伏さんに負けてるようじゃチャレンジャーに相応しくないと思いまして。とりあえず10月14日……、EVIL効くぜクッソ。SANADAさんに勝って、その次のこと、またその後考えます

昨日のメインイベントはキングオブプロレスリング(10月14日・両国)のセミ&メインのダブル前哨戦。

試合終盤、IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ選手はEVIL選手のEVILでまさかのノックアウト!

次期挑戦者SANADA選手に集中していたためなのか、EVILの存在忘れてましたと反省。

例年通りならば10月の両国大会で年内最後のIWGPヘビー級王座戦が行われ、その勝者が来年1月の東京ドーム大会を王者として迎えます。

両国大会終了後、IWGPヘビー級王者として最後まで立っているのはオカダ・カズチカ選手か、それともSANADA選手か?

そしてその勝者の前に権利証保持者として現れるのは飯伏幸太選手か、それともEVIL選手か?

年内最後の東京でのビッグマッチに乞うご期待!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA