ライガー「後楽園で病院送りにしてやる」、棚橋「距離を縮める」【新日本プロレス・2019.10.5】

新日本プロレス・2019年10月5日・ニュージャパンロード・魚沼市堀之内体育館大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

獣神サンダー・ライガー

両国の俺と鈴木のカード、なくなる可能性あるぞ。なぜだかわかるか?なぜ両国の俺と鈴木のカードなくなるか、お前らわかるか?簡単だよ。その前に後楽園があんだろ?後楽園のファンの前で、あいつを始末するから。俺がテレビ解説やってただろ?あいつ、俺を急に襲ったろ?前後意味もなく。あれは後楽園だった。その仕返しをするのは当たり前だろ?やられたらやり返す。なめられたら終わりだ、この世界。
(中略)
だから言ってるよ、両国のカード楽しみにしてるファン、なくなる可能性もある。後楽園で、あいつ病院送りにしてやる。ガッチリ真正面からいくぞ。ほんとにやるぞ。

キングオブプロレスリング(10月14日・両国)で対戦する獣神サンダー・ライガー選手と鈴木みのる選手の抗争は日々激化。

前日にエニウェアフォールマッチへの変更を訴えた獣神サンダー・ライガー選手が、今度は明日7日・後楽園ホール大会で鈴木みのる選手を病院送りにすると宣言!

後楽園ホール大会で受けた屈辱は、同じ後楽園ホール大会でお返しするとのこと。

明日7日・後楽園ホール大会の第3試合は入場前から大荒れの予感。

棚橋弘至

棚橋「(※2人にYOSHI-HASHIを含めたトリオの)正式名称は、“チームこっから”。ちっちゃい“っ”。なぜなら、“ここから”が言えないから
--滑舌の問題だったんですか?
棚橋「でも、もう(挑戦まで)日がないんで、3人の距離をグッと縮めるために、僕はYOSHI-HASHIを“ノブ”、本間選手を“トモ”、(※自身を指して)“ヒロ”、下の名前で呼び合って、距離をグッと縮めていくから。まず第一歩。頑張ろうな、トモ……(※と言って、本間を残して控室へ)

棚橋弘至選手、本間朋晃選手、YOSHI-HASHI選手の3人による新チームの正式名称がチームこっからに決定!

そして前日の挑戦表明を受けて、明日7日・後楽園ホール大会でチームこっからのNEVER無差別級6人タッグ王座挑戦が決定!

急きょ決定したタイトルマッチを勝利で飾り、ノブ、トモ、ヒロの3人でデビュー20周年記念試合に花を添えてもらいたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA