ライガー「エニウェアフォールデスマッチでもいい」、上村「YL杯で負けた相手」【新日本プロレス・2019.10.4・PART1】

新日本プロレス・2019年10月4日・ニュージャパンロード( NEW JAPAN ROAD )・高岡テクノドーム大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

上村優也

たとえ成田、海野が海外行っても、俺はほかの先輩から必ず(勝利を)取るから。それが、ヤングライオンとしての俺の目標だ。あと、『ヤングライオン杯』で負けた相手に、次のシリーズ全員来るかもしんないけど、きっちり借りを返したいと思います。

第12回ヤングライオン杯終了後、海野翔太選手と成田蓮選手はそれぞれイギリス、アメリカへ無期限海外遠征に出発。

1年先輩の二人が日本から去って一番身近な目標を失った上村優也選手ですが、ヤングライオン杯で負けた相手へのリベンジという新たな目標を掲げました。

そしてまだ正式発表ではありませんが、上村優也選手によるとYL杯に出場したLA道場勢・ファレ道場勢が次のシリーズ全員来るとのこと。

YL杯で敗れた4人(辻、フレドリックス、コグリン、リチャーズ)にリベンジするチャンスが早くも訪れるかもしれません。

次期シリーズ・スーパージュニアタッグリーグ2019(10月16日開幕)のエントリーチームを発表をお楽しみに!

獣神サンダー・ライガー

オー、場外戦?いつでもやってやるって!何ならルールを、両国のルールを、エニウェアフォールデスマッチでもいいんだ!エニウェアフォールでも持ってこい!そしたら、あいつの大好きな場外いけるだろ。エニウェアフォールにせえや!今からルール、いくらでも変えられるだろ!まだ1週間以上あんだ。エニウェアフォールでやれ、エニウェアフォール!両国(国技館)全部が俺たちのリング。

キングオブプロレスリング(10月14日・両国)で鈴木みのる選手と対戦する獣神サンダー・ライガー選手がエニウェアフォールデスマッチへのルール変更を要求!

もし場外リングアウトなし&反則裁定なしのエニウェアフォールデスマッチが実現すれば、場外戦はもちろん毒霧、凶器攻撃、鈴木軍メンバーの乱入も何でもあり。

持てる全てを総動員して闘うという意味では、完全決着にもってこいのルール。

新日本プロレスはこの要求を受け入れるのか、残り2大会(5日&7日)の前哨戦からも目が離せない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA