海野翔太「海外遠征に行く前にベルトに挑戦したい」【新日本プロレス・2019年9月】

新日本プロレス・海野翔太選手のヤングライオン杯終了後のプランをご紹介。

2019年9月4日、2年ぶりの開催となる第12回ヤングライオン杯が開幕。

野毛道場、LA道場、ファレ道場による対抗戦の様相を呈しており、連日熱い試合を繰り広げています。

新日本プロレスファンによる優勝予想で第1位に選ばれた海野翔太選手が、ヤングライオン杯終了後のプランについて明かしました。

ボクは海外遠征には興味がないというか。海外遠征に行かなくても、新日本で強くなれると信じているので。だから海外遠征に行きたいとは思ってなくて。優勝したら、NEVERのベルトに挑戦したいなって。NEVERは無差別級だし、ヤングライオンでも挑戦できる権利はあると思うので。それぐらいの特権があってもいいじゃないかなって。優勝したら海外遠征があるのであればもちろん従いますけど、自分のわがままを言うのであれば、海外遠征に行く前にベルトに挑戦したいですね。自分の実力がどこにあるのか知りたいですし、それでベルトを取れれば、海外遠征に行かなくてもいいと判断されることもあるかもしれないので。(引用:週刊プロレス No. 2029)

現在もヤングライオンとしてNEVER無差別級王座挑戦という目標は変わらず。

残念ながら開幕戦は黒星スタートになってしまいましたが、ここから巻き返して今年中にNEVER無差別級王座に挑戦という目標を達成してもらいたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA