内藤哲也「彼の勢いは神戸まで」、オスプレイ「2人合わせてザ・バーズ・オブ・プレイ」【新日本プロレス・2019.8.31・PART1】

新日本プロレス・2019年8月31日・ロイヤルクエスト・イギリス大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.8.31・ロイヤルクエスト・PART1
関連:新日本プロレス・試合結果・2019.8.31・ロイヤルクエスト・PART2

ウィル・オスプレイ

俺たちの今のターゲットはエル・ファンタズモとあの小さいけれど強力な石森だ。そして今リング上で2人に挑戦表明をした。12分もかからずにお前を倒したぞ。お前たちはSUPER J-CUP優勝者とジュニアのベテランチームじゃなかったのか。これからは俺たち若い勢力がジュニアタッグのレベルを底上げしていく。俺たちはスナイパー・オブ・ザ・スカイとジ・エアリアル・アサシン。2人合わせて“ザ・バーズ・オブ・プレイ”だ

ウィル・オスプレイ選手&ロビー・イーグルス選手のタッグチーム名がザ・バーズ・オブ・プレイ」( Birds Of Preyに決定!

そしてIWGPジュニアタッグ王者組(ファンタズモ&石森)に勝利したザ・バーズ・オブ・プレイは、さっそくタイトルマッチを要求。

するとエル・ファンタズモ選手は、明後日4日から始まる次期シリーズ・ディストラクションでのタイルマッチを受諾しました。

ウィル・オスプレイ選手がジュニア・シングル&タッグ王座を獲得して、夢であるIWGPヘビー級王座とIWGPジュニアヘビー級王座を同時に巻く2冠王者に近づけるか注目!

内藤哲也

内藤「『G1 CLIMAX』は、最終リーグ戦でジェイ・ホワイトに負けたこと。ロサンゼルス大会でジェイ・ホワイトにノックアウトされたことは……まあ事実だからねえ。でも、彼はマイクで言ってたよね?『インターコンチネンタル王座とIWGPヘビー級王座を同時に戴冠することがマイ・デスティーノ』?オイオイオイ、それは違うなあ~。まあ、こうしていち早くIWGPインターコンチネンタル王座獲りに名乗りを上げたこと、このプランをこうやって皆様に伝えていること、それは素晴らしいことだよ。でも!彼の勢いは残念ながら神戸までだろうね。神戸で、俺に敗れ去ることこそ、彼のデスティーノ!運命だから……。残念ながら彼の勢いは神戸までかな?まあ、それまでは俺を存分に楽しませてくれよ。

スーパーJカップ2019最終日(8月25日)、ジェイ・ホワイト選手は試合終了後にブレードランナーでIWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也選手をKO。

ジェイ・ホワイト選手のIC王座挑戦表明を受けて、ディストラクション in 神戸(9月22日)でのタイトルマッチが正式決定しました。

そして昨日、二人はイギリス大会で再び激突。

すると今度は内藤哲也選手が試合後にデスティーノでジェイ・ホワイト選手をKOして、アメリカで受けた屈辱を晴らしました。

ディストラクション in 神戸(9月22日)までの約3週間、タイトルマッチに向けた前哨戦からも目が離せない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA