内藤哲也のニュージャパン・カップの楽しみ

新日本プロレス NEW JAPAN CUP2017出場を希望したがエントリーされなかった内藤哲也選手のニュージャパン・カップの楽しみをご紹介。

スポンサーリンク

以下、週刊プロレス No.1894より。

“”今回の一番の注目は、SANADAとEVILの優勝決定戦。“”

“”とにかく今回のニュージャパン・カップでのオレの楽しみは、EVIL、SANADAがなにを見せるのかっていう、それに尽きますね。どっちかがインターコンチに挑戦してきたら?オレは構わないですよ。“”

当然ながら、内藤選手の注目はロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのメンバーの二人。

私の記憶が正しければ、L・I・Jの同門対決は2016年のG1 CLIMAX公式戦の内藤選手とEVIL選手のシングルマッチでしか実現していない。

普段は滅多にない同門対決が、IWGPインターコンチネンタル王座戦で実現したら相当熱い。

内藤選手は “”優勝者はIWGPヘビーを選ぶんじゃないですか?”” と言っていますが、EVIL選手、SANADA選手が優勝した暁には、是非インターコンチネンタルへの挑戦権を選択してもらいたいです。

2年目を迎えたロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン、今年はユニット内での競い合いにも注目ですね。

また内藤選手は週プロでニュージャパン・カップのシステム改革案についても触れているので、まだご購入されていない方はお早めにどうぞ!

Today !! #NEWJAPANCUP2017 press conference !! http://sp.njpw.jp/86379 #NJCUP

NJPW【official】さん(@njpw1972)がシェアした投稿 –

2年連続でL・I・Jがこのトロフィーを手にするのか、開幕戦まであと2日!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)