TJP「ヤングライオン時代」、ライガー「凄い選手になる」【新日本プロレス・2019.8.22・PART1】

新日本プロレス・2019年8月22日・スーパーJカップ2019・初日・ワシントン州シアトル大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.8.22・スーパーJカップ2019・初日

獣神サンダー・ライガー

ライガー「(※フレドリックスを手招きして)柴田が、ロス道場で凄い選手を作り上げたよ。凄い……。もう今日は、彼がすべて。俺はちょこちょことしか(試合)やってない。彼が試合を作ってたし、彼が(最後も決めて)勝利を収めたし。凄い選手になるよ。(今後の彼を)チェックしといて

獣神サンダー・ライガー選手がLA道場ヤングライオンのカール・フレドリックス選手を凄い選手になるよと絶賛!

G1でも素晴らしい身体能力を披露、さらに野毛道場ヤングライオンと激しくぶつかり合って印象を残しましたが、アメリカでも変わらず凄い試合を見せている模様。

次回の来日は未定ですが、再び日本で試合を見せてくれる日が待ちきれない。

TJP

TJP「見てくれたかな。知ってる人もいるだろうけど、俺はヤングボーイ時代、ヤングライオンとしてこのリングに上がっていた。そして、こうしてまた、このリングに戻ってきた。あれはもう、ずっと前のことだ。それから俺は、いろんなリングを渡り歩いてきた。毎日毎日、必死だった。だけど、あの若手時代のことは、ついさっきのことのようだ。多くの時間が経過して、多くの経験を積んできたわけだけどね。あのヤングライオン時代の気持ちに戻って、このリングに立った。成功を目指していた頃の思いをね。

TJP(TJパーキンス)選手は、かつて新日本プロレスの旧LA道場でトレーニングを積み、新日本プロレスにヤングライオンのピノイ・ボーイとして参戦。

その後はTNAなど様々な団体を渡り歩き、WWEではクルーザー級クラシックトーナメント優勝を果たし、初代クルーザー級王座に輝きました。

約8年ぶりとなる新日本プロレス参戦でヤングライオン時代の気持ちを思い出したようです。

現在、TJP選手は再びTNA(現インパクトレスリング)に参戦しているが、ご存知の通り新日本プロレスとTNAの関係は決して良好とはいえない。

スーパーJカップ2019以降の新日本プロレス参戦はあるのか、今後の動向に注目!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA