イーグルス「お前の頭を撃ち抜いてやる」、オスプレイ「まだまだ走り続けないと」【新日本プロレス・2019.8.22・PART2】

新日本プロレス・2019年8月22日・スーパーJカップ2019・初日・ワシントン州シアトル大会のバックステージコメントまとめ・PART2!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.8.22・スーパーJカップ2019・初日

ロビー・イーグルス

お前の(※左胸を示して)ここは、とんでもなくどす黒いんだな。俺のプライドがお前と一緒にやっていくのに耐えられなくなって、俺はBULLET CLUBを離れたんだ。確かに、ここまではエル・ファンズモショーだったよな。タイジ・イシモリと組んでIWGPジュニアタッグのベルトを奪ったし、ブリティッシュ・クルーザー級のタイトルマッチでは、俺の挑戦を退けて守り抜いた。そして、今日もお前が勝利した。お前を止めるのは、この俺だ。俺のホームタウンでやられた借りも含めて返してやる。お前は俺から逃げられないスナイパー・オブ・ザ・スカイの銃口は、お前に向けられている。ヘッド・バンガーズに狙いを定めている。必ずお前の頭を撃ち抜いてやるからな。次、リングで顔を合わせたときにな

エル・ファンタズモ選手の急所攻撃によりトーナメント1回戦で敗れたロビー・イーグルス選手が次、リングで顔を合わせたときに必ずお前の頭を撃ち抜いてやるとリベンジを宣言!

スーパーJカップ終了後、二人はロイヤルクエスト(8月31日・イギリス大会)のタッグマッチで対戦予定。

現RPWブリティッシュクルーザー級王者、ならびに現IWGPジュニアタッグ王者のエル・ファンタズモ選手に一矢報いることができるか注目!

ウィル・オスプレイ

オスプレイ「(※終始、静かな口調で)また一つ、ドリームマッチが終わってしまったな。これまで明かしてなかったけど、イブシ、オカダ、PAC……彼らとともにアメージング・レッドは、俺のドリームマッチリストに名前が刻まれてたんだよ。これまでずっと、いつか実現しないかなって思っていた試合さ。やっと探し当てたって感じかな。うれしくて、笑みがこぼれてきそうだった。でも、これで終わりじゃない。まだまだ走り続けないとね。優勝してこそ、本当の意味で“ドリーム・カムズ・トゥルー”だ。彼が残してきたものも受け継いで、俺が先頭に立ってジュニアヘビー級をさらに押し上げていく。じゃあ、サンフランシスコでね

14歳の頃から憧れて動きを真似をしてきたアメージング・レッド選手とのドリームマッチを制したウィル・オスプレイ選手。

ジュニアヘビー・クルーザー級のレジェンドを倒したことで先頭に立ってジュニアヘビー級をさらに押し上げていくと改めて決意表明。

G1に掲げたIWGPヘビー級王座とIWGPジュニアヘビー級王座を同時に巻くという夢のためにも、これからもジュニアヘビー級を牽引していってもらいたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA