飯伏幸太「次はIWGPヘビー級」、鈴木「オカダ、IWGPを賭けろ」【新日本プロレス・2019.8.12・PART4】

新日本プロレス・2019年8月12日・G1クライマックス29・最終日・日本武道館大会のバックステージコメントまとめ・PART4!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.8.12・G1クライマックス29・最終日・優勝決定戦・PART1
関連:新日本プロレス・試合結果・2019.8.12・G1クライマックス29・最終日・優勝決定戦・PART2

鈴木みのる

そうだ、この日をずーーーっと待っていたんだ、一ヶ月間。そう、後ろで。じーっとしながら。そう、今日この日、このカードが組まれるように、してやったんだ。オイ、新日本、今度は逃げるなよ。誤魔化すなよ。もみ消すな。オカダ、『IWGP』を賭けろ。そして俺に差し出せ。

今年のG1メンバーから落選した鈴木みのる選手は、G1開幕前にオカダ・カズチカ、後ろには気をつけなと不穏な発言をするも、G1期間中は目立った動きを見せませんでした。

しかしG1最終日の昨日、見事にIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ選手からピンフォールを奪い、堂々とIWGPヘビー級王座に挑戦表明!

もし鈴木みのる選手がベルトを奪ったら、次期挑戦者はまだ再戦の約束を果たしていない獣神サンダー・ライガー選手か?

飯伏幸太

──次の目標として見えてきたものは?
飯伏「夏の『G1』を獲ったら、次は何ですか?IWGPヘビー級のベルト。僕はそれを獲りたいと、本当に思ってます。そして、本当にそれを実現するんです。これから。作っていきます

G1初優勝を成し遂げた飯伏幸太選手がG1優勝のさらに先IWGPヘビー級のベルト初戴冠を次の目標に掲げました。

例年通りならば、G1優勝者・飯伏幸太選手には1月4日・東京ドーム大会・IWGPヘビー級王座挑戦権利証が与えられ、来年までその権利証を守り続けなければならない。

今年も例年通りの権利証システムになるのか、それとも以前のようにG1後のビッグマッチでIWGPヘビー級王座挑戦か?

本日13日、15:00から行われる一夜明け会見での発表をお待ちください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA