ザック「イギリスで俺がタイトルマッチ」、みのる「G1、メチャクチャにしてやる」【新日本プロレス・2019.6.25・PART3】

新日本プロレス・2019年6月25日・キズナロード2019・仙台サンプラザホール大会のバックステージコメントまとめ・PART3!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.6.25・キズナロード2019【オープニングVTR】

鈴木みのる

鈴木「今日が期限だ。言ったよな?今日が期限の日だ。何の返答もない。アホらし。アホらし……。俺は、誰だと思ってんだ、この野郎?俺は、このプロレス界の王だぞ。テメェ、なにをしてくれた。この野郎……。オイ、俺は、俺のやり方で、俺の政治で、『G1 CLIMAX』、メチャクチャにしてやる。(※不敵な笑みを浮かべて)ブチ壊してやる。オイ、オイ、それとよ、オカダ・カズチカ、IWGPチャンピオン……暗い道と、後ろには気をつけな……

俺をG1に出せと要求するも新日本プロレスから返答を得られなかった鈴木みのる選手。

G1クライマックス29期間中の鈴木みのる選手は前哨戦のタッグマッチに組み込まれているため、鈴木軍絡みの前哨戦はメチャクチャ荒れ模様になる予感。

また鈴木みのる選手は、名指しで対戦要求している選手たちではなく、あえてIWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ選手に暗い道と、後ろには気をつけなと不穏なメッセージを残しました。

これらの発言は回収されるのか、それとも言葉だけで不発に終わるのか、鈴木みのる選手がG1期間中にどんなアクションを起こすのか注目。

ザック・セイバーJr.

基本線として考えていることなんだけど、俺はイギリスのプロレス界のレジェンドになるつもりなんだ。英国マットのレジェンドといえば、ビッグ・ダディ、ジャイアント・ヘイスタック、ミック・マクマナスがいるが、その次がザック・セイバーJr.。現時点ではね。俺は彼らに次ぐ大物になるんだ。『G1』で優勝して、イギリス人レスラーとして初のIWGPヘビー級チャンピオンになる。まあ正直言って、俺が『G1』で優勝するよ。そして、イギリスで俺がタイトルマッチを組む。誰が『G1』で優勝すると思う? でも、俺は(自分が優勝すると)信じてる。

RPWブリティッシュヘビー級王座とG1出場枠を守り切ったザック・セイバーJr.選手がG1優勝宣言!

8月31日に地元・イギリスで開催されるビッグマッチロイヤルクエストでG1優勝者としてタイトルマッチを組むことが出来れば、これ以上ない凱旋帰国となる。

イギリスのプロレス界を背負ってG1クライマックス29に挑むザック・セイバーJr.選手に期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA