ジュース「リマッチを組んでほしい」、タイチ「チャンピオン倒したぞ」【新日本プロレス・2019.8.11・PART2】

新日本プロレス・2019年8月11日・G1クライマックス29・18日目・日本武道館大会のバックステージコメントまとめ・PART2!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.8.11・G1クライマックス29・18日目(Bブロック最終公式戦)・PART1
関連:新日本プロレス・試合結果・2019.8.11・G1クライマックス29・18日目(Bブロック最終公式戦)・PART2

タイチ

お互い、決勝に残れなかったけどよぉ、言った通り、内藤、石井、2つチャンピオン倒したぞ。ただの負け越しじゃねぇぞ。意味あるんじゃねぇか、チャンピオン2人倒すって。だからよぉ、石井、前にやってやったろう、俺は。それ(ベルト)取ったんだったらよぉ、返してくれよって。もう1回、もう1回やろうぜって……言いたいとこだけど、石井はもういいや。当分いいや、石井は。キツい。もう今年3回やってる。もういいや、石井は。しばらくお預け。まあ今後につながったんじゃないか、いろいろ。ただの負け越しじゃねぇぞ。

G1公式戦でIC王者・内藤哲也選手とNEVER無差別級王者・石井智宏選手のチャンピオン2人に勝利したタイチ選手。

両王者への挑戦権を主張できる立場を手に入れたタイチ選手はもういいや、石井は。しばらくお預けと、NEVER無差別級王座挑戦に否定的な姿勢を見せました。

つまり、G1終了後にタイチ選手が狙うのはIC王者・内藤哲也選手ということになりそうです。

本日12日の対戦カードは未定ですが、タイチ選手と内藤哲也選手の絡みに期待しましょう!

ジュース・ロビンソン

でも、目の上のたんこぶというのがこのトーナメント中、ずっとあった。それはジョン・モクスリーの存在だ。彼が自分が持っていたIWGP USヘビー級王座のベルトを持っていった。その日以来、あの『SUPER Jr.』のファイナル以来、僕の頭の中には何かがずっとついていて離れない。
(中略)
いつでもどこでもいい。西海岸、東海岸、どこでもいい。キンプロ(10月14日『KING OF PRO-WRESTLING』両国国技館大会)でもいいし、早急にリマッチを組んでほしいと思っている

BOSJ26・最終戦でIWGP USヘビー級王座から陥落したジュース・ロビンソン選手が、G1公式戦で現王者ジョン・モクスリー選手へのリベンジに成功。

勝利を上げたジュース・ロビンソン選手はもちろんIWGP USヘビー級王座へのリマッチを要求!

しかしジョン・モクスリー選手はAEW所属のため、新日本プロレス参戦の回数は限られてしまう。

ジュース・ロビンソン選手が候補に挙げた10月14日・両国国技館大会でのタイトルマッチが濃厚か?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA