タイチ「これからも(アイアンフィンガーを)持ち続ける」、矢野「訴えてやる!」【新日本プロレス・2019.7.15】

新日本プロレス・2019年7月15日・G1クライマックス29( G1 CLIMAX 29 )・4日目(Bブロック2戦目)・北海道立総合体育センター大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.7.15・G1クライマックス29・4日目(Bブロック2戦目)・PART1
関連:新日本プロレス・試合結果・2019.7.15・G1クライマックス29・4日目(Bブロック2戦目)・PART2

矢野通

矢野「(※頭を抱えながら)やったじゃん!やったじゃんか、お前ら、オイ!レフェリーもテメェもふざけんな!お前らまとめてな、“矢野通コンプライアンス委員会”に訴えてやる、バカ野郎!

G1開幕前にコンプライアンス順守を掲げるも、蓋を開ければいつも以上に矢野ワールド全開で闘う矢野通選手。

Bブロック初戦では内藤哲也選手から見事に白星を奪ったものの、鷹木信悟選手には自分で持ち込んだパイプ椅子を利用されて敗北。

自分がコンプライアンス順守、相手が勝てばコンプライアンス違反ということで、今大会で矢野通選手が敗れるたびに、矢野通コンプライアンス委員会に訴えられる選手が増えていくことになりそうです。

まだまだ続くG1クライマックス29、今年も矢野ワールドを存分に楽しみましょう!

タイチ

タイチ「アァーアァーアァー…!(※アイアンフィンガーを手にコメントスペースペース内を飯塚のように暴れ回る)。危ねぇな、これ着けてると……(※と言って、アイアンフィンガーをアームカバーにしまいながら)危ねぇ。頭おかしくなっちゃう……。(ここに)しまって……。帰ってくれ……。鎮まってくれ、頼む……。なんか、どうやら、これの力かな?俺の力じゃないものが宿って……。今日は、『G1』かもしんねぇな。でも、俺と飯塚の闘いは、続いてたんだよ。それを今日、場所も同じ(ところで)カードが組まれて、さぞかしこれで、こいつが成仏できるだろうよ。これで、ホントにあいつが引退したっつんだったら、そうなるかもしんねぇな、今日で。まあ今後、俺の守護神になるかもんねぇし、それはどうなるかわからない。まあ、これからも(アイアンフィンガーを)持ち続けるよ。今日は(飯塚本人は)来なかったみたいけど、またどっかで来るかもしんねぇからな。やあやあやあ、どうだ?どうだ?どうせ今日もまた、俺が負けるとか思ってたんだろ、この野郎?初出場、ナメてんのか、この野郎。お前ら、何もわかってねぇよ。これこそ、『G1 CLIMAX』だ。この意味わかるか?全部、俺が変えてやる。俺が中心にな。このあとも、楽しみにしとけ。全部だ、全部。とりあえず1人、チャンピオン倒したぞ。あと1人(チャンピオンが)いるな。楽しみにしとけ

今年2月、タイチ選手は引退試合で飯塚高史選手がリングに残したアイアンフィンガーを継承。

前日に約5カ月ぶりとなる飯塚高史選手の登場を示唆していましたが、結局本人は現れず、代わりにタイチ選手がアイアンフィンガーを装着。

そしてタイチ選手がアイアンフィンガーフロムヘルからのタイチ式ラストライドで勝利を収めました。

試合後、タイチ選手は今後も(アイアンフィンガーを)持ち続けると宣言。

今回でアイアンフィンガーは一区切りになると思ってしましたが、いつか再びタイチ選手のアイアンフィンガーフロムヘルを見ることが出来そうです。

またタイチ選手はBブロックにエントリーされた3人のタイトルホルダーについて言及。

石井智宏(NEVER)
内藤哲也(インターコンチネンタル)
ジョン・モクスリー(US ヘビー)

ジョン・モクスリー選手には敗北、内藤哲也選手には勝利を収め、あと1人である石井智宏選手とはBブロック最終公式戦(8月11日)で対戦。

前NEVER無差別級王者としても、下半期のタイトル戦線に加わるためにも、石井智宏選手との公式戦は無視できない一戦。

IC王者・内藤哲也選手に続いて、NEVER無差別級王者・石井智宏選手を倒して、2つの王座への挑戦資格を手に入れられるか注目!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA