ザック「次はイギリス大会」、飯伏「決勝が決まりました」【新日本プロレス・2019.8.10・PART3】

新日本プロレス・2019年8月10日・G1クライマックス29・17日目・日本武道館大会のバックステージコメントまとめ・PART3!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.8.10・G1クライマックス29・17日目(Aブロック最終公式戦)・PART1
関連:新日本プロレス・試合結果・2019.8.10・G1クライマックス29・17日目(Aブロック最終公式戦)・PART2

ザック・セイバーJr.

ただ、今回は残念ながら、俺の『G1』史上最低の成績になってしまった。負け越してしまった。でも、ブリティッシュ・ヘビー級王者という称号は、まだ俺の元にある。この日本武道館でメインを飾るという夢が実現できなかったのは残念だが、俺がブリティッシュ・ヘビー級王者であることには変わりない。東京ドーム、マディソン・スクエア・ガーデン、その次に大切な試合のはずだったが、これが終わったら次は新日本プロレスのイギリス大会だ。俺はそのメインで、このベルトを防衛したいと思っている。イギリス大会は『ロイヤル・クエスト』と銘打たれているが、アレは『ザック・クエスト』なんだ!

RPWブリティッシュヘビー級王者としてG1クライマックス29に臨んだザック・セイバーJr.選手でしたが、結果は4勝5敗で負け越し。

G1は悔いが残る結果となりましたが、今月末8月31日に地元・イギリスで開催される新日本プロレスのビッグマッチロイヤル・クエストに向けて、すでに気持ちは切り替わっている模様。

現時点ではRPW代表チームが挑戦するIWGPタッグ王座戦以外の対戦カードは未定ですが、ザック・セイバーJr.選手はメインイベントでタイトルマッチを希望。

はたして誰がRPWブリティッシュヘビー級王座挑戦に名乗りを上げるのか、今後の英国王座戦の行方にも注目!

飯伏幸太

飯伏「(※壁伝いによろよろとインタビュースペースにたどり着くと、床にうずくまってしばらく息を切らしていたが、向き直って座ると)これで、僕の決勝(進出)が決まりました。最後まで、どの試合も諦めなかった。その結果、決勝まで行けたんだと思います。でも、マイクでも言ったとおり、同じことは繰り返さない。去年、僕は準優勝だったんで、もう、最低でも準優勝でしょう。ただ準優勝でいいかと言ったら、違いますよ。僕は諦めてない。去年から言ってたから。『ずっと諦めない』って。だから絶対に、絶対に、8月12日は、自分の、飯伏幸太の、日にしてみせます。必ず、必ず、受け取ったものも全て返せるように、僕は頑張ります。あとは、諦めないことだけ。もう2大会、あとちょっと。諦めないから。全部全力で。最後まで全力で。諦めないから。誰が来ても、諦めないから(※と、足首を気にしながら去ろうとする)

昨年度のG1準優勝者・飯伏幸太選手が2年連続で優勝決定戦進出!

そして優勝決定戦が行われる明日8月12日を飯伏幸太の日にしてみせますと優勝宣言!

しかし、やはり気になるのは開幕戦で負傷した左足首の回復具合。

明日までに飯伏幸太選手がどれだけ回復できるかが、優勝決定戦の勝敗の鍵を握ることになるかもしれない。

まずは本日11日、飯伏幸太選手が無事に試合を終えて、明日の優勝決定戦に向けていい準備が出来るように願いましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA