ジェイ・ホワイトのクロスアーム式ブラディサンデー、タイチ「これで1勝1敗」【新日本プロレス・2019.7.28・PART2】

新日本プロレス・2019年7月28日・G1クライマックス29( G1 CLIMAX 29 )・10日目(Bブロック5戦目)・愛知県体育館大会のバックステージコメントまとめ・PART2!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.7.28・G1クライマックス29・10日目(Bブロック5戦目)・PART1
関連:新日本プロレス・試合結果・2019.7.28・G1クライマックス29・10日目(Bブロック5戦目)・PART2

タイチ

タイチ「(※フラつきながらインタビュースペースに現れると)クソ、負けた。小ブタ……。(※ひざまずいて)ただのデブか、ガチムチか、どっちだ……!?クソッ!“安パイ”(簡単に勝てる相手)だと思ってたのによぉ……。チクショー!やっぱり俺が認めた男だけはあるな。小ブタ……面白れぇじゃねぇか。(※立ち上がって)だけどよ、これで1勝1敗じゃねぇか、オマエとは。次はよぉ、その体生かして、相撲取ろうじゃねぇか。

G1開幕前、タイチ選手は同じBブロックにエントリーされたジェフ・コブ選手との公式戦をいちばんの山場と語りました。

しかし実際は安パイと油断していたこともあり、前回の対戦で勝機を引き寄せた金的蹴りをかわされて敗北を喫しました。

これで通算成績は1勝1敗。

G1終了後、タイチ選手とジェフ・コブ選手の抗争に発展するか注目!

ジェイ・ホワイト

ジェイ「追い込んだとでも思ってるのか。俺がヤバかったとでも?まあ、彼はよくやったよ。でも負けた。負けてしまったんだ。よっぽど俺のことが信用できないようだな。見る目があるのはゲドーだけだ。お前らは一つ覚えの見方しかできない。別のカメラからだとまた違って見えるし、そっちが真実を物語っている。お前らは素晴らしいプロレスがどういうものかをわかってない。俺が見せてやってるっていうのに。お前らはこれまで見たことないからわからないんだ。それをリング上で披露してこそ、俺の成功につながる。どれだけ見せてやってもわからず、勝手に騒いでるだけ。もっと掘り下げてみることだな。

ジェイ・ホワイト選手が3月6日以来となるクロスアーム式ブラディサンデー(ブレーンバスター)を解禁!

ブラディサンデーといえば、バレットクラブ創設者であるプリンス・デヴィット(現フィン・ベイラー)選手の得意技。

さらにプリンス・デヴィット選手は、若き日のジェイ・ホワイト選手を新日本プロレスに推薦した人物でもある。

まさにジェイ・ホワイト選手にこそ相応しい一撃でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA