後藤洋央紀の「復活への最後のピース」はLA道場・柴田勝頼!【新日本プロレス・2019年6月】

新日本プロレス・後藤洋央紀選手復活への最後のピースをご紹介。

2019年4月29日、後藤洋央紀選手はシングルマッチで前IWGPヘビー級王者ジェイ・ホワイト選手に敗北。

その後、レスリングどんたく2019とROH遠征を闘い終えた後藤洋央紀選手は、打倒ジェイホワイトを掲げて復活への最後のピースをはめ込むために修行に旅立ちました。

約1カ月間行方が分からない状況が続いていた後藤洋央紀選手は、なんとアメリカ・ロサンゼルス道場でトレーニングに励んでいました。

復活のためには柴田勝頼しかいないと思ってここに来ましたと、LA道場を訪れた理由を説明。

そしてここ2年ぐらいIWGP(ヘビー級王座)挑戦すらできていない状況で、そこにまず辿り着くことが本当の復活と語り、まずはG1開幕戦で打倒ジェイホワイトを宣言!

打倒ジェイホワイトの先に見据えるG1クライマックス29優勝、そして念願のIWGPヘビー級王座初戴冠のためにも、後藤洋央紀選手の復活を期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA