G.O.D.が挑戦表明を受諾、ファンタズモが次期挑戦者を指名!【新日本プロレス・2019.6.25・PART1】

新日本プロレス・2019年6月25日・キズナロード2019・仙台サンプラザホール大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.6.25・キズナロード2019【オープニングVTR】

タマ・トンガ

タマ「マイキー・ニコルスのクソ野郎が!俺たちに突っかかってきやがって。お前はいったい、どこから出てきやがったんだ。まあ、いいだろう。ニュージャパン・プロレスリングへようこそ。ゲリラズ・オブ・デスティニーがいるタッグ部門によく入ってきやがったな。だがな、このタッグ部門は俺たちが仕切ってんだ。わかってるのか。俺たちにチャレンジしたいだ?今夜の結果はよしとしよう。個人的には認めてやる。次はどうなるかわからないぞ。覚悟しとけ。クソ野郎のマイキー・ニコルスめ!

IWGPタッグ王者タマ・トンガ選手が次期挑戦者に名乗りを上げていたマイキー・ニコルス選手に敗北。

そして今夜の結果はよしとしよう。個人的には認めてやると素直に敗北を認めました。

これにより、29日・オーストラリア大会のタッグマッチがIWGPタッグ王座戦に変更になる見込み。

エル・ファンタズモ

俺はルードのような扱いになってるけど、『BEST OF THE SUPER Jr.』で俺に勝ったヤツは、まぐれで勝ったんだ。
(中略)
次の土曜(6.29メルボルン)、最後の、そう3度目の機会になる。ロッキー・ロメロだ。次はお前が俺を狙ってくるが、お前の勝利もまぐれだったことを証明してやる。だからロッキーよ、このブリティッシュ・クルーザー級のベルトを懸けて闘おうじゃないか。

RPWブリティッシュクルーザー級王者としてBOSJ26に臨んだエル・ファンタズモ選手は、公式戦でロッキー・ロメロ選手、YOH選手、田口隆祐選手の3名に敗北。

16日のタイトルマッチではYOH選手に、そして昨夜のタイトルマッチでは田口隆祐選手にリベンジを果たしたため、残るリベンジの相手はロッキー・ロメロ選手のみ。

こちらもG.O.D.同様、29日・オーストラリア大会のシングルマッチがタイトルマッチに変更されそうです。

新日本プロレスからの公式発表をお待ちください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA