EVIL「闘いは…始まった…」、棚橋「G1前に復帰できてよかった」【新日本プロレス・2019.6.16・PART1】

新日本プロレス・2019年6月16日・キズナロード2019・後楽園ホール大会のバックステージコメントまとめ・PART1!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.6.16・キズナロード2019【オープニングVTR】

EVIL

EVIL「(一人先にバックステージに現れ)闘いはぁぁ……始まったぁぁ……(と言って、他のメンバーを待たずに立ち去る)

4年連続4回目のG1出場が決定したEVIL選手が、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの結束を示すグータッチを拒否!

G1に向けた闘いはすでに始まっています。

また今年は同ブロックにタッグパートナーのSANADA選手がエントリー!

2年前の初シングルではSANADA選手に軍配が上がっただけに、今年こそは絶対に負けられない。

棚橋弘至

棚橋「今日の試合もそうだけど、『G1 CLIMAX』の前に復帰できてよかったと思ってる。去年、『G1 CLIMAX』で優勝した時を10とすると、今、(※指を2本立てて)2。10に戻すか、12にするか。うーっし!

約2カ月の欠場を経て、6月5日に復帰したばかりの棚橋弘至選手がG1クライマックス29に18年連続でエントリーされました。

しかし昨年G1優勝したときの状態が10なら、現在は2と自己分析。

新技・変形スリングブレイドにもまだまだ改良の余地があり、昨年以上の12には程遠いのが現実。

また棚橋弘至選手は、G1以外にクリス・ジェリコ選手との対戦も控えている。

いつ背後から襲撃してくるか分からないクリス・ジェリコ選手にも注意しなければならず、今年のG1は昨年以上に厳しい闘いが待ち受けていそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA