石森「ヒロム、ヒロムって言えなくなったんじゃねえのか」、鷹木「俺の方が強い」、SHO「決勝に必ず」【新日本プロレス・2019.5.13・PART2】

新日本プロレス・2019年5月13日・ベストオブザスーパージュニア26・開幕戦・仙台サンプラザホール大会のバックステージコメントまとめ・PART2!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.5.13・ベストオブザスーパージュニア26・開幕戦【オープニングVTR】

鷹木信悟

鷹木「(※最後まで言い切る前に遮って)SHIT!あんなヤツは、SHOなんか、本気出せば15分もいらねえと思ったけど。まあ、チキショー、何にも手ぇ抜いてねえぞ、ミスもしてねえ。今まで7カ月間、さんざんSHOのこと、『生意気な小僧』って言ってきたけど、こんな試合されたんでは撤回するしかねえな。まあ、あいつ強えよ。間違いなく、強くなってるし、強えよ。だがSHO、お前のパワーはすごい、スタミナもすごい、技もある、関節技もすげえじゃねえか。だがなぜ、鷹木信悟に勝てねえか。考えに考えた末、結果は出たか?オイ、今日、シングルマッチが終わったから教えてやろう。なぜ、お前が鷹木信悟に勝てないか。それは簡単な理由だ。お前より、俺の方が、強いってことだ。オイ、すげえヤツじゃねえんだ。強えヤツがこの『SUPER Jr.』を勝ち残るんだ。そういうことだ……

昨年2018年10月の新日本プロレス参戦以来、鷹木信悟選手はIWGPジュニアタッグ王座を巡ってSHO選手と抗争を繰り広げてきました。

そして今回のBOSJ26ではお互いに同ブロックを希望して、ついにシングルマッチが実現。

25分越えの激闘を制した鷹木信悟選手は生意気な小僧という言葉を撤回して、間違いなく、強くなってるし、強えとSHO選手を称えました。

しかし最終的に勝利したのは鷹木信悟選手。

新日本プロレス参戦以来無敗を守り抜き、改めてお前より、俺の方が、強いと勝ち誇りました。

SHO

SHO「(※コメントスペースにたどり着くなり、崩れるように腰を落とす。そしてフロアに大の字になるが、すぐに上半身を起こして、正座してフロアに顔を埋める。しばらくの沈黙ののち)ここで、鷹木に負けたということは、俺が決勝に行くには、あいつが誰かに、俺以外の誰かに、負けないといけないっていうこと……。ああ!でも、それでもいい。俺はそれでも、この『BEST OF THE SUPER Jr.』の決勝に、必ず行ってやる。まだあきらめたわけじゃない……

大会前から自分が鷹木信悟選手に初めて土をつけると意気込んでいたSHO選手でしたが、残念ながら敗北。

優勝決定戦が行われる両国国技館での生え抜き対決の実現に向けて、まだまだあきらめたわけじゃないと気持ちを新たにしました。

まずはBOSJ26に全力を尽くして、BOSJ26終了後に再び鷹木信悟選手とのライバルストーリーの続きを見せてもらいたい。

石森太二

石森「ああ、これが(公式戦)初戦かよ。まあ、結果的には勝ったけどさ、チクショー。セミであんな試合やられたらさ……。でもよ、これでドラゴン・リーも、『ヒロム、ヒロム』って言えなくなったんじゃねえのか。現王者から勝ってんだぞ。そのへんはわかってるな。『SUPER Jr.』、こっからだよ。主要なヤツが何人かいねえ。なんか新しく変わった『SUPER Jr.』。お前ら、ワクワクすんだろ?誰が勝ち上がるか、ワクワクするだろ? 俺もそう思うよ。必ず、必ず、新しいもの、新しい景色、お前らに見してやるよ。It’s REBORN……

レスリングどんたく2019(5月3日)でIWGPジュニアヘビー級王者ドラゴン・リー選手に敗れたばかりの石森太二選手がリベンジ成功!

常にライバル・高橋ヒロム選手を意識した発言をするドラゴン・リー選手に対する鬱憤も少しは晴れたようです。

そして石森太二選手は現王者から勝ってんだぞ。そのへんはわかってるなと、IWGPジュニアヘビー級王座への挑戦権を主張。

BOSJ26終了後、再び石森太二選手がIWGPジュニアヘビー級王座戦線に加わることになりそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA