ヘナーレ「タイチ、返事をくれ」、飯伏「クレーマー(内藤)、このベルト、1個でお願いします」、YOH「生え抜き対決を決勝で」【新日本プロレス・2019.4.26】

新日本プロレス・2019年4月26日・ロードトゥレスリングレスリングどんたく~安芸の国 戦国絵巻~・広島グリーンアリーナ小アリーナ大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.4.26・ロードトゥレスリングどんたく~安芸の国 戦国絵巻~【煽りVTR】

トーア・ヘナーレ

それと、今夜、コーラクエンで言ったように、2人を見てる。ジェフ・コブとタイチ。タイチ、俺はお前に勝負を挑みたい。俺が挑戦する。俺は闘いたいんだ。俺の挑戦を受けろ。タイチ、返事をくれ。日時はお前が決めていいから。俺はそれで構わない。なんなら、2人に割って入って3人でもいいぞ。どっちが勝とうが、俺に挑戦させろ。そのNEVER(無差別級)のベルトに。カモン!

レスリングどんたく(5月3日)でNEVER無差別級王座をかけて闘うジェフ・コブ選手とタイチ選手に対して、トーア・ヘナーレ選手が次期挑戦者に名乗り!

関連:タイチ「ハンデ与えてやってんだ」、YOSHI「ベルト見せつけやがって」、ライガー「リングに上がるな」【新日本プロレス・2019.4.24・PART1】

タイトル挑戦に相応しい実績を残してるかと言えば疑問が残るが、他にNEVER無差別級王座挑戦をハッキリと希望している選手がいないのも事実。

トーア・ヘナーレ選手は何度上手くいかなくてもめげることなくチャンスを求めて発信を続けているからこそ、是非とも今シリーズではタイトルマッチへのキッカケを掴んでもらいたい。

飯伏幸太

飯伏「もうわかったんじゃないですか、今日で?結果的にちょっと、試合は負けてしまったんですけど。昨日ですか昨日、昨日の時点でいろいろわかったんじゃないですか、この試合について?最初からずっと、『やります』と言ってます。それは変わんないです。いつでもいいです。この前の後楽園でもよかった。でも、このベルトとIWGP(ヘビー級)、2つが欲しい人と、このベルトだけが欲しい人。その構図じゃないですか?IWGPのために、このベルトが欲しいんでしょ?なんですか、なんかありますか?もう1回言いますか、、クレーマーに。クレーマー、このベルト、1個でお願いします。気持ちは一つ

IWGPインターコンチネンタル王者・飯伏幸太選手が、次期挑戦者として名乗りを上げた内藤哲也選手をクレーマー扱い。

関連:内藤哲也「答えはもちろんノーだよ」、飯伏幸太「いつでも待ってます」【新日本プロレス・2019.4.24・PART2】

IWGPヘビー&IC王座の2冠を目指す内藤哲也選手と、IC王座だけに100%集中する飯伏幸太選手という構図が改めて明確になりました。

飯伏幸太選手はこのベルト(IC王座)、1個だけに集中するように要求しているが、内藤哲也選手の思いは変わらないので、コメントでの争いは平行線のまま進みそうです。

あとはリング上でどちらが優位に立つか、今後の前哨戦からも目が離せない。

YOH

――もしかしたら(IWGP Jr.タッグ)チャンピオン同士で『SUPER Jr.』の決勝という可能性も考えられますが?
YOH「僕がやりたいのは、両国ってその、『SUPER Jr.』になってから初の舞台で、スペシャルな特別感(を出したい)。最初は“(新日本プロレス)生え抜き対決”、決勝でしたいですね。します。僕らが『SUPER Jr.』を盛り上げるんで。期待して下さい
――SHO選手は?
SHO「もちろんです。この(IWGP Jr.タッグ)ベルトを持った者同士で、両国の決勝、闘いたいです

IWGPジュニアタッグ王座初防衛に成功したロッポンギ3Kが、次期シリーズのベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26( BOSJ26 )に向けた抱負を語りました。

今年の優勝決定戦の舞台は、BOSJに名称が変更されてから初となる両国国技館。

その大舞台で新日本プロレス生え抜きのIWGPジュニアタッグ王者同士による優勝決定戦を闘いたいと目標を掲げました。

関連:ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26出場者が決定!【新日本プロレス・2019年4月】

しかしその目標のためには、まずリーグ戦でYOH選手とSHO選手が別ブロックにならないと実現不可能。

BOSJ26のブロック分け発表では、別ブロックを望む二人の希望が通るのかにも注目!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA