田口隆祐がDOUKIをタグチジャパンに勧誘、海野「G1への落とし合い」【新日本プロレス・2019.5.16】

新日本プロレス・2019年5月16日・ベストオブザスーパージュニア26・4日目・青森県武道館大会のバックステージコメントまとめ!

全選手のコメントは新日本プロレス公式サイトをご覧ください。

関連:新日本プロレス・試合結果・2019.5.16・ベストオブザスーパージュニア26・4日目【オープニングVTR&星取・順位表】

海野翔太

海野「ヘビー級のトップのヤツらのことだけ考えてたよ。違った。そうだったよ。目の前にヘナーレって敵もいた。もう『G1』への落とし合いは始まってたんだ。ヘナーレよりも先に『G1』に出てやる。あいつには負けてらんない

G1クライマックス29出場という目標に向けて日々奮闘する海野翔太選手。

例年通りならばG1出場者発表はキズナロードで行われるため、それまでにG1出場に相応しい実績を残さなければならない。

BOSJ26決勝(6月5日)
ドミニオン(6月9日)
キズナロード(6月14日〜 25日)
G1クライマックス29(7月6日〜8月12日)

まずはキズナロードを迎える前に、目の前の敵であるトーア・ヘナーレ選手を倒せるか注目!

田口隆祐

田口「(※片ヒザを着いたままで)キツイ、タフな試合でしたけど、メキシコで10年やってきたかもしれないけど、メキシコも厳しいかもしれないけど、新日本で10年やって来てる身からすれば、邪道、外道、鈴木軍、そういう連中を、常日頃から相手にしてる身からすれば、まだ、余裕のよっちゃん。余裕のよっちゃん……。まあ、厳しかったですけどね、相手の攻撃を見る余裕はありました。攻めに転じてからは、一方的に攻め込んでました。いい素質を持ってるから、タイチなんて姑息な手段を使う相手の下でやるんじゃなくて、もっとちゃんとした人についてやるものいいんじゃ……。タグチジャパンも、そのひとつじゃないですか。まあ、いい素質は持ってると思いますんで、1つや2つじゃなく、それ以上、勝ち星を拾うんじゃないですか。なかなかの強敵でした。これから、これからですね。これから、すごい強敵になってくると思います。ここでやってますんで、すごい選手になってくると思います。素晴らしい選手でした。

開幕2連勝の好スタートを切った田口隆祐選手。

DOUKI選手もメキシコで10年も泥水をすすってきたが、田口隆祐選手も新日本で10年やってきたんだというプライドを見せつけました。

しかしDOUKI選手のことはいい素質を持ってると評価しており、ちゃんとした人=田口隆祐選手のもとでやるものいいんじゃないかとタグチジャパンに勧誘!

だがDOUKI選手は鈴木軍と行動を共にすることを選んだため、今回の勧誘も失敗に終わりそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA